新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

トヨタ自動車 最新技術講習

2021.02.13
新潟トヨタ自動車(株)様のご協力により、1月28~29日の2日間に渡り【トヨタ自動車 最新技術講習】を実施しました。

実習車両には、なんと!水素ガスを燃料として走行する電気自動車(燃料電池自動車)の【MIRAI】が登場しました。
ででででかい!レクサスLSくらいの大きさがあります。そして、当たり前ですがマフラーがない!
 みなさんも理科の実験で「水の電気分解」をやったことがあるかと思います。水を電気分解すると、「酸素」と「水素」に分けることができます。
 燃料電池は、この理屈を逆転したもので燃料の「水素ガス」を空気中の「酸素」と反応させ「水」を生成する際に発生する「電気」を動力源としてモーターを駆動します。ですので、排出されるのは「排気ガス」じゃなく「水」です。左後タイヤ付近からチョビチョビと水が出ていました(驚)


↓ MIRAI の前面画像。バンパーの開口の大きさが独特ですね



↓ MIRAI の後面画像。左後タイヤの裏側あたりに【水】の排出口があります。



↓ 燃料電池車の概要と特徴を学びました。





 このMIRAI使用して、トヨタ専用診断機を接続し故障診断技法を学びました。データ表示から良否判定や不具合発生時の対応など、現場での実例を挙げながら講習していただきました。

 また、今年11月から装着が義務化される【衝突被害軽減ブレーキ】の調整作業「エーミング」をやりました。専用ターゲットを車両前方の決められた位置に設置して、診断機の操作により調整をおこないます。


 時代の流れは少しずつ【電気自動車】の方向ですが、そこへ行きつくまで様々な問題点が山積しているのも事実です。バッテリ重量の重さ、満タンになるまでの充電時間の長さ、コストの高さ…etc…
 エンジン車 → 電気自動車 へ移行する間に、この【燃料電池車】が割って入ってくるかもしれません。ちなみに「水素ステーション」は現在、新潟県に1か所しかありません (>_<)

カテゴリ:自動車整備科2年

積算実務講習会

2021.02.10
今週午後の訓練は、講師に第一電設工業株式会社の岡様、小泉様をお招きし「積算と見積原稿作成業務の実践」の講習を受講しています。



最初に積算の概要と図面の読み取り方や材料の拾い方を丁寧に説明していただきました。その後は図面から各設備に必要な個数物及びメートル物の材料の拾い出しをしています。本講習は来週まで続きます。




カテゴリ:電気システム科2年

環境整備関連実習:令和2年度のまとめ

2021.02.10
 令和2年度もあと残すは1か月余りとなりました。訓練関係もまとめの時期に入り、最終の実習に入っております。              今年度はコロナの影響もあって予定通りの職場見学や職場体験等の実習ができませんでしたが、7月から校内での実習を繰り返し行い、これまで重ねてきた結果、指導員の方から「どこに出しても恥ずかしくない」と言っていただけるほどに清掃関係の仕事が、スムーズにきれいに、素早く行うことができるようになりました。






カテゴリ:総合実務科

自動車整備科訓練状況㊴(復習実習)

2021.02.10
自動車整備科1年生の施設内での訓練もあと少しになって参りました。
先日、1年間の復習実習を行いました。
4月から行ってきた実習を個人で取り組みます。
忘れている内容は、自分のレポートを確認しながら行いました。








1ヵ月前の実習も部分的に忘れている所もあり・・・。
訓練生はレポートを見ながら必死に取り組んでおりました。
進級試験に合格すると2ヵ月後には2年生です。
上級生になる自覚を持って頑張って欲しいです。
カテゴリ:自動車整備科1年

機械加工がんばってます!Vol.28【精密機械加工科2年】

2021.02.09
こんにちは! 精密機械加工科2年のT.Aです。
只今、マシニングセンタのプログラムの勉強をしています。2年間の訓練の総まとめとして技能照査試験があり、それに合格できるように日々頑張っています。


もうすぐ修了(卒業)なので、残りの学校生活を楽しみたいです。
カテゴリ:精密機械加工科2年
ページトップへ