新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

自動車整備科訓練状況㉞(スタータ実習番外編)

2021.01.13
訓練時間前の一コマです。
時間は7:45。



技術習得が難しいところは、放課後に居残りし取り組んだり朝早く登校し実習を行っております。


今年度も残り2ヵ月、訓練生は着実に技能レベルを向上させております。
カテゴリ:自動車整備科1年

制御盤製作

2021.01.08
 テクノスクールでは、2年間で習得したことの確認として技能照査というものが行われます。
 電気システム科では制御盤を使った工事が技能試験の課題となります。

 そのため、制御盤の制作に取り掛かりました。




 鉄板を切り出して、器具の位置を決め、けがきして、
ドリル・ホルソで穴をあけ、更にねじ山を切る作業をしていきます。

 久しぶりに工具を使うので楽しいです。
カテゴリ:電気システム科2年

玉掛けと移動式クレーン技能講習

2021.01.08
玉掛けや移動式クレーン作業は建設業界だけでなく、
鉄鋼、板金、製造、造園、運送など、とても幅広い分野で必要とされます。



玉掛け

作業内容は吊り荷の上げ下げや移動になりますが、
その重量は1トンを超えることもあり、危険を伴います。
そのため、ワイヤーなどの吊り具が劣化していないか確認することはもちろん、
吊り上げ時のバランス、合図の確認、強風による吊り荷の揺れの有無等々、
安全に作業をするために必要な知識の他、確認すべき点が多くあります。

(玉掛け技能講習実習中)

※実習日誌より紹介

【訓練生T】
玉掛けは作業前打合せから作業終了まで確認事項や手順が多く、
大変な作業だと感じた。補助をする時もただ手伝うのではなく、
実施者の作業手順を見て、危険行動や正しい手順かをしっかり
見ていないといけないので重要な役割だと感じた。
玉掛け技能講習実習中

小型移動式クレーンは操作が多くてなかなか慣れるまで難しかった。
吊り荷を揺らさないよう操作するのも難しく、安定させるまでが
大変だった。
小型移動式クレーン技能講習

【訓練生K】
玉掛け作業は覚えることが多かったが、覚えてしまえばそんなに苦労はなかった。
小型移動式クレーンも知識として覚える部分は問題なかったが、
実際操作してみると思った通りに動かすことが全然できなかった。
知識だけでは通用しないと強く感じた。

小型移動式クレーン

カテゴリ:土木・建設基礎コース

Jwcadとポリッシャー作業

2021.01.07
JWにて作図講習。最初に図面の描き方(レイヤー等)を教わりました。


時間が余ったので、照明器具・配線器具・分電盤を描き込んでみました。
次は配線図、回路図を入れてみようと思います。


ポリッシャーでの掃除の授業です。
使ってる人は見たことありましたが、実際に使った事は無かったので、凄く勉強になります。


実際に使ってポリッシャーで掃除してみます。
最初は本体の水平作業が出来なくて、機械に引っ張られて制御不能でした。


今回ELB付コンセントが無かったので使用しませんでしたが、本来、顧客の依頼での掃除なので、これが原因で顧客のブレーカを落としたら一大事に発展します。
ビル管理は大変な仕事です。


カテゴリ:ビル設備管理科

自動車整備科訓練状況㉝(スタータ実習②)

2021.01.06
回路図との格闘も落ち着き、スタータを分解しました。
構成部品ごとにトレイに入れ整理・整頓して実習を進めています。


使用する工具もこのように整頓して、使用するように指導しています。
乱雑に工具を使用・保管していては、いい仕事はできません。


組付け前に各部品を点検しております。
不具合あるとスタータが作動しません。
次回は組付け後の点検になります。




カテゴリ:自動車整備科1年
ページトップへ