新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

【自動車】という工業製品を考えてみる ⑤

2020.12.29
 いま、世間では「若者の自動車離れ」という言葉が聞かれます。かつて、スポーティカー、ハイソカーなどは、憧れの的でした。当時のCMで「いつかは、クラウン」というキャッチがありました。とても高価で庶民には手の届きにくい存在でした。
 それがバブル期に入ると、そのような車が飛ぶように売れ「シーマ現象」という言葉も出来たほどです。スポーティクーペでは、シルビア、プレリュード、スープラなど実用性は低いものの、かっこよさだけで売れたわけです。まさに【かっこいい】という付加価値ですよね。
 あれから約30年経ちました。現在そのようなスポーティクーペが若者に人気があるでしょうか。そして若者の所得に合うような価格設定でしょうか。そのあたり、様々な時代背景が関連していると思います。

↓ バブル期、爆発的ヒット商品となった【シルビア】 男性はもちろん、女性にも人気がありましたね(^^)


カテゴリ:自動車整備科2年

今年のまとめ④【精密機械加工科1、2年合同】

2020.12.29
3次元CADで「ピンホイールとゼネバストップ」を設計し、設計した部品を今まで習得してきた工作機械で加工しました。加工した部品は班ごとに協力して組立て、無事に回転機構が滑らかに動作しました。チームワークによるもの作りを経験できました。


カテゴリ:精密機械加工科1年

第一種電気工事士技能試験候補問題No.3完成まで(5/12)

2020.12.29
次にKIPの絶縁被覆であるEPゴムの被覆を剥がし、端子台に接続出来るようにします。





また、KIPは太さのある撚り線であり、端子台から外れやすいためペンチで撚りをとり、更に7本の撚り線を3本と4本に分け、形を作ることで抜けにくくします。



形を作ったら端子台に接続します。





カテゴリ:電気システム科2年

【自動車】という工業製品を考えてみる ④

2020.12.28
 その【付加価値】に注目してみましょう。
 現在の国産自動車は、様々なジャンルが存在します。①セダン ②ステーションワゴン ③SUV ④ミニバン ⑤軽自動車  ⑥トラック  ⑦バス  ⑧牽引トラクタ  ⑨特殊用途車  などなど
 求められる市場ニーズにより、これだけジャンルが拡大しました。そして、そのジャンル内にまた細かく分類がなされます。
 さて、あなたにとって求める【付加価値】って何ですか?

↓ ものづくり広場2019に展示いただいた LEXUS LC と NISSAN GT-R


今年のまとめ③【精密機械加工科1、2年合同】

2020.12.28
NC(数値制御)工作機械とは、工具経路をコンピュータによって数値制御して加工をおこなう工作機械です。
マシニングセンタは主に四角の材料、NC旋盤は円柱形の材料、ワイヤーカット放電加工機は硬い材料または複雑な形状の穴抜き加工に使用されます。
NC工作機械を操作するためには、プログラミングを習得する必要があります。
こちらは、マシニングセンタです。


続いては、ワイヤカット放電加工機です。


最後は、NC旋盤です。


カテゴリ:精密機械加工科1年
ページトップへ