新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

自動車整備科訓練状況⑰(エンジン実習編③)

2020.09.09
バッテリーの点検の次は点火プラグの点検を行いました。
ベンチエンジン(教材用エンジン)から点火プラグを外し焼け具合、プラグギャップの点検・調整を行いました。


調整後はプラグテスターにて火花のチェックを行いました。
目視で火花の状態を確認できるテスターなので訓練生もわかりやすかったようです。


点火プラグの点検と並行してエンジンオイルの点検も行いました。
その他にも各部の点検を行い、エンジン始動しエンジンデータを記録。
いよいよ次回、分解に入ります。


カテゴリ:自動車整備科1年

ビル設備管理科 消火設備について

2020.09.08
テクノスクールには、一般的な消火設備である「消火器」の他に、「消火栓」や「泡消火設備」があります。

特に、泡消火設備は水による消火方法では効果のない場所に設置される特殊なものです。
当校の訓練コースには、自動車整備科という2年間の訓練コースがあります。
自動車を取り扱う訓練という性質上、危険物であるガソリン等の石油類による火災が起きてしまった場合は水では消火できません。
そこで…これに対応できるのが泡消火設備です。

泡消火設備は消火設備の区分としては第3種消火設備に該当し、皆さんの身近な場所で例えればデパート等の「駐車場」に設置されていることが多いです。
消火用の水に泡消火薬剤を混合させて放出し、泡が燃えている面を覆うことで火が燃えるために必要な酸素を奪う「窒息効果」と、燃えるために必要な温度を下げる「冷却効果」によって消火します。

下の写真は、当校の泡消火設備です。色は、火災用だと一目でわかる、赤です。
屋内に設置されており、先日ブログでお話しした受水槽と同じ部屋に格納されています。地下(ピット)に水源(消火用の水)があり、そこから水を吸い上げて利用します。





カテゴリ:ビル設備管理科

機械加工がんばってます!Vol.6【精密機械加工科2年】

2020.09.07
こんにちは!精密機械加工科2年のR.Sです。
夏休み明け後から、CADの授業が始まりました!


僕は、パソコンが苦手なので少し不安もありますが、わからない事は先生が丁寧に教えてくれるので良かったです。
これから少しずつ難しくなってくると思うけど頑張ります。
カテゴリ:精密機械加工科2年

現場のネコ

2020.09.07
土木建設業に限らずどの業界にもいわゆる業界用語、
スラングというものが多くあると思います。
一般の人は知らないけど、その業界の人は普通に使っている言葉、
呼び名などです。

その一つをご紹介します。

はい、これはなんでしょう?
ネコ

ネコですね。
尻尾があったり、にゃーんと鳴いたりします。

では、これは?

ネコ

これもご存じネコちゃんです。
もふもふです。

では、これは?

ネコ

これもネコです。

正式には一輪車や手押し車と呼ばれますが、
現場ではネコ、ネコ車と呼ぶことがあり、
主に資材を運搬する時に使います。

逆さに伏せた時の姿が丸まったネコの背中に似ているからとか、
猫の通り道のような狭い通路を通ることができるから、
とその語源にはいくつか説があるようです。
どなたが名付けたかわかりませんが、
現場で使う道具を身近な動物に例えるあたり、
尻尾もなくもふもふでもないこのネコにも愛着を感じてる気がします。
カテゴリ:土木・建設基礎コース

機械加工練習中!【精密機械加工科1年生 C】

2020.09.07
精密機械加工科1年生のCです!
9月に入ってからの訓練の様子を紹介します!

9月に入り、3限(10:30)から機械加工の実習となりました。
旋盤とフライス盤の訓練をしていますが、今回の写真はフライス盤の訓練の様子です。

粗削り用のエンドミルで溝を加工した後、仕上げ加工用のエンドミルに付け替え、狙いの寸法に加工しています。
難しく感じるところもありますが、やりがいがあります。




カテゴリ:精密機械加工科1年
ページトップへ