新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

締め切り迫る!

2021.08.16
資格がなくて不安・・・


という方や、


仕事にやりがいを!


という方々も、そして、

心機一転したい方も

といった方も含めて、

土木・建設基礎コースでは受講生を募集中です。

訓練期間は9月15日~11月12日の約2か月間。
この期間で建設業関連の資格を11種類取得できます。

受講料は無料です!


申込締切が8月20日までと迫っております。

やってみようという方、気になっている方の
お申し込みやお問い合わせをお待ちしております。
よろしくお願いします!
リーフおもて

リーフうら

詳しくはリーフレットをご覧ください!
カテゴリ:土木・建設基礎コース

照明器具の取り替え

2021.08.10
新潟テクノスクールも建て替えてから27年、いろいろ不具合が出てきました。
今回は教室の照明がちらつくとのことで、更新工事をしました。
写真ではわかりませんが、だいぶちらついています。



カバーを外したところです。
✕印が付いてる部品がダメになりました。(安定器といいます)


器具を取り外したところです。
ビルは天井裏に空調や水道等の水回り、照明器具が多く収納されているため
住宅と比べると広いスペースがあります。


照明器具は2本の釣りボルトで支持されていますが、
新しい器具では長さが25㎜程足りません。




そこで、短い吊りボルトと高ナットで長さを延長します。




照明器具を取り替え点灯させました。
新しい照明はLEDのため蛍光灯より長く使えるはずです。




カテゴリ:電気システム科1年

エンジン整備基本 実習

2021.08.10
いよいよ【エンジン基本実習】が始まりました。
ここまで、学科でエンジンの基本構造・作動を学んできましたが、本物のエンジンを使って実習です。

まずは、基本中の基本。
ガソリンエンジンの3大要素の点検です。
「よい混合気」「よい圧縮」「よい火花」
これは、ガソリンエンジン150年の歴史がありますが、現在でも、ず~っと変わりません。

「サウンドスコープ」という聴診器(医者みたい!)のような工具を使って、インジェクタ作動音の点検をしています。
燃料ポンプとインジェクタの作動音が聞こえれば「よい混合気」は簡易点検としてOK!



この作動音点検は、「サウンドスコープ」がなくても「貫通ドライバー」でも出来るんですよ! (^^)v



3大要素の点検後は、最初の分解作業として「シリンダヘッドの脱着」をおこないます。
近年では、タイミングベルトからチェーンに切り替わりましたが、どちらもクランクシャフトとカムシャフトとの位置関係が重要です。
班員でタイミングマークを確認して、取り外していきます。




夏期休暇後は、いよいよ「エンジン完全オーバーホール」に挑みます!!!
カテゴリ:自動車整備科1年

自動車整備科2年訓練状況⑯

2021.08.07
自動車整備科2年は「オートマチックトランスミッション実習」に入りました。
1年次にマニュアルトランスミッションの実習は行いました。
マニュアルトランスミッションと比べると部品点数は倍以上、仕組みも複雑です。
例によって、ひとつひとつ確認しながら進めていきます。









カテゴリ:自動車整備科2年

エーミング作業 実習

2021.08.03
最近の新型車は、様々な先進安全装置を装備していますが、その中のひとつ【衝突被害軽減ブレーキ】は、2021年11月以降に販売される新型車には「装着義務」となります。

その【衝突被害軽減ブレーキ】ですが、バンパーに内蔵されるレーダーセンサーや音波センサー、またフロントガラスに装着されるカメラなどにより、車両前方の様子を常に監視し、衝突の危険が迫ったとき車が自動的にブレーキを作動させるシステムです。

さて、そのセンサーやカメラは、何らの理由でバンパーやガラスを交換した場合、正しく作動するか否かを確認しなければなりません。
その確認や調整のことを【エーミング(Aiming)】といいます。
この【エーミング作業】には、コンピュータ診断機と専用ターゲットが必要となります。

まずは、ターゲットを正しい位置に設置するため、車両の中心線を前後のエンブレムを使って出します。



さらに、レーザー墨出器とレーザー距離計を使って、メーカー指定の位置にターゲットを正しく設置します。
(この作業が、結構大変です (^^;)



ターゲットの設置が完了したら、車両にコンピュータ診断機を接続し画面に表示される指示に従いエーミングを行います。


この【エーミング作業】は、道路運送車両法の改正により「分解整備」に該当することになり、認証を受けた工場でないとできなくなります。
カテゴリ:自動車整備科1年
ページトップへ