新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

測定器紹介(マイクロメータ)

2020.05.19
前回紹介した「ノギス」以外にも、使用頻度の高い測定器があります。
今回はノギスよりも測定精度の高い「マイクロメータ」を紹介します。



マイクロメータは、ねじの構造を使用した測定器で、
内側や外側、深さ等、用途に応じて様々な種類があります。

一般的には、長さを0.01mm単位で測定することができます。



写真のマイクロメータでは、部品の外側を測定できます。
しかし、外側を測定するマイクロメータでは、内側や深さを測定することができません。

ノギスと比べると汎用性は低いですが、ノギスでは測定不能な単位まで測定することができます。
カテゴリ:精密機械加工科1年

リングスリーブ用圧着工具(前編)

2020.05.19
電気工事では様々な工具を使用します。
その中で今回は「リングスリーブ用圧着工具」を紹介します。


 電気工事ではケーブル同士の接続作業が発生します。
 ケーブルの接続の仕方には色々ありますが、
その接続法の一つがリングスリーブ接続です。

 以下に示すリングスリーブの中に接続したいケーブルの心線を差し込み、
圧着工具で「かしめる」ことにより接続します。

 「かしめる」という言葉は耳慣れない方が多いと思いますが、
接合したい材料を、接合用部材で挟む・中に入れる等した後に、
外部から圧力をかけ接合用部材を変形することで不可逆的に接合させることを言います。


 リングスリーブのサイズは3種類(小・中・大)ですが、
圧着工具のかしめ部は4種類(極小・小・中・大)あります。

 基本的にリングスリーブの小中大は、かしめ部の小中大に対応します。

 例外として、かしめ部の極小は小のリングスリーブを使用しますが、
直径1.6mmの心線2本を接続する時にのみ使用します。

 長くなりましたので、後編へ続きます。


カテゴリ:電気システム科2年

走行性能曲線図

2020.05.15
自動車整備科のカリキュラムに【自動車の力学】という教科があります。
これは、自動車を数値的に評価したり、保安基準に適合しているか?など様々な内容を学びます。
その中の課題のひとつとして「自動車の走行性能曲線図 作成」があります。


かつては、様々な公式が与えられ必死に電卓を叩いていましたが、現在はPCもすっかり普及し
上の図のようにEXCELを駆使しデータさえ入力すれば自動計算してくれます\(^o^)/


そして、自動計算されたデータを【グラフ化】すると上のグラフが出来上がります!
方眼紙に必死でプロットし、曲線定規を使っていたのがウソみたいに簡単です。

この【性能曲線図】ですが、その自動車のまさに走行性能を表したものですから
グラフが読み取れれば、どんな走りをするクルマなのか想像がつきます。
その昔は、自動車のカタログにも載っていたこともありましたが、現在はめっきりお目にかかることも
なくなりましたね。

自動車整備科では、こんな授業もやっていきます!
難しいようですが、理解するとワクワクが止まりません♪
カテゴリ:自動車整備科2年

測定器紹介(ノギス)

2020.05.15
機械は数多くの部品から組み立てられています。
機械のそれぞれの部品は、機械の性能を十分に果たすために、最も適した形状に設計されています。
もし要求された精度どおりにできていない部品があると、その機械は性能を発揮できなくなってしまいます。

精密な機械加工を行う上で、様々な測定器を使用しています。
その中で今回は「ノギス」を紹介します。



ノギスでは、外側測定、内側測定、段差測定、深さ測定ができます。

長さを0.05mm単位で測定することができます。





加工現場では、全員が持っていると言っても過言ではありません。

ノギスは、様々な測定器の中で、基本的な測定器となります。
カテゴリ:精密機械加工科1年

鉄五郎 NO4

2020.05.15
Hi! 鉄五郎です。

皆さん、元気ですか?
もうちょっとの辛抱です。

このコロナ、10年後には第2次世界大恐慌と世界史の教科書に掲載されると考えると
今は大変ですが、体験しているんだと前向きにとらえ
治まった後の楽しみを何かないかと考えています。


写真は5月15日8:45時のテクノスクール入口です。

巣ごもりに 何をやろうか 窓の外
 一日一日 大きくなるや 大ケヤキ


田植え機を ばあちゃん運転 爺苗を

(日本の農業が心配だ。)

五月晴れ 日向ぼっこの トカゲかな



農道を 泥を避けて通る 愛車かな
See you!
カテゴリ:溶接科
ページトップへ