新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

金属の加工始まりました!【メカニカルベーシックコース】

2020.12.11
マシニングセンターの実習は順調に進んでいます。
まずはマシニングセンターの操作を覚えます。
学科の授業で図面通りに加工するためのプログラムを作成します。
マシニングセンターにプログラムを入力し、動きの確認をします。
最終的に実際の金属の加工をしていきます。

●担当の講師とプログラムの確認をしています。
 


●マシニングセンターで入力済みの、加工プログラムの確認をしています。



入校してから1か月くらいの訓練期間で、マシニングセンターで実際に金属の加工実習がスラスラできるようになっています。
カテゴリ:メカニカルベーシックコース

住宅・工場配線③

2020.12.10
工場配線で使用する材料の1部です


曲げが完了した金属菅です


工場配線で使用する工具の1部です


カテゴリ:電気システム科1年

入校式~開業のための第一歩

2020.12.09
12月2日、個人開業基本コースの入校式を行いました。
世の中はコロナ禍で揺れていますが、この訓練をご自身の転機と捉え、
10名の方が起業、開業を目指して受講することになります。

入校式

目指す業界はそれぞれ違いますが、開業のための第一歩を踏み出しました。
カテゴリ:個人開業基本コース

小型車両

2020.12.09
小型車両の授業では「小型車両系建設機械(整地)運転特別教育」を
受講することになります。これにより作業現場で機体重量3トン未満の
タイヤローダーやバックホーを操作することができます。
小型車両

すぐにでも乗りたい気持ちをぐっと抑え、
まずは学科で構造や安全に関して学びます。

小型車両

そして実技で解放!!
と言いたいところですが、
小型車両

走行自体はまだしも
小型車両

左右にレバーがあり、操作感覚も掴みづらいようで、
頭で描いたイメージ通りに操作することが難しく、
みなさん苦労しながら実習を行っていました。
同時に手足のように操作している現場のオペさんて
すげぇよなーと口を揃えておりました。
カテゴリ:土木・建設基礎コース

自動車整備科訓練状況㉙(クラッチ実習①)

2020.12.09
クラッチ整備実習に入りました。
乗用車ではマニュアル車の設定がほとんどなくなりましたが、商用車ではまだ多くあります。




ミッションを車両から降ろし作業します。
重量がある部品なので注意しながら作業を進めます。




カテゴリ:自動車整備科1年
ページトップへ