新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

送電線・配電線調査

2021.05.15


新潟駅から長潟まで通り沿いは配電線が地中埋設になっています。
皆が見ているのは変圧器塔と呼ばれる設備です↓。


テクノスクールを出発し、新潟バイパス弁天インターを潜って長潟から右折してビックスワンまでを調査しました。
片道約1時間の行程です!




ビックスワンで休憩を取り、来た道を帰りながらテクノスクールまで調査を続けました!


カテゴリ:電気システム科2年

ケーブル配線②

2021.05.15
入校して1ヶ月が経ち、学校生活にも段々慣れてきました。今週は課題2をやりました。


最初に単線図から複線図になおします。
複線図を書いたら配線を間違えないように、色分けと組み分けをします。


上の画像は完成したものです。通電しているかチェックし、ちゃんとできていたのでよかったです。
次の課題は今回よりも早く綺麗にできるように頑張りたいです!

カテゴリ:電気システム科1年

自動車整備科2年訓練状況④

2021.05.15
前回に続き、ジーゼルエンジンの実習状況です。
基本的な構造と整備法を学んだあとに、インジェクションノズルの噴霧状態の確認および
噴射開始圧力の調整しました。
ジーゼルエンジンは、燃焼室で高圧の燃料が噴霧され燃焼します。
この調整がしっかりとできていないと、エンジンの調子が悪くなります。
訓練生は真剣な顔付でがんばっております。






カテゴリ:自動車整備科2年

メカニカルベーシックコース開講しました!

2021.05.14
メカニカルベーシックコース開講しました!
5月7日(金)に入校式を迎えました。
今回の訓練受講生は求職者5名と受託生(在職の方)4名の合計9名でのスタートです。




入校してから1週間がたちました。
今は学科の授業を中心に訓練を受けています。



カテゴリ:メカニカルベーシックコース

タガネを使った鉄板の【はつり作業】

2021.05.13
自動車整備科1年生は、基本工作作業に入りました。ここでは課題を通して、様々な手工具や動力工具を正しく安全に使えるよう訓練を行います。
今回は、1番最初の【はつり】という作業です。

タガネ という手工具を持ち、ハンマでこれを打ち付けることで鉄板をはつる(切る)ことができます。
「自動車整備士って、ハンマなんて振るの?」と疑問に思う方もいるかも知れませんが、実は整備作業の中では基本中の基本なんです!
そこで、【はつり】作業を通して ハンマを正しく振る!そしてタガネを打ち付ける! という技能を身につけます。


↑ 2.3㎜の鉄板をバイス(万力)に挟み、これをはつります。
初めは、ハンマがまともにタガネに命中せず、自分の手を打ち付け「ギャー(>_<)」と大騒ぎでしたが、数を重ねるごとに打ち付ける「打音」も変化してきて、いい音になってきます。


↑ 自分の手をハンマで叩いてしまい、戦意喪失してる様子(笑) 氷水で手を冷やしています。

課題は、はつりにより完全に鉄板を切るのですが…

↓ なぜか、こんな作品が出来上がってます。自動車整備士でなく「芸術家」を目指しているのか?(爆)


カテゴリ:自動車整備科1年
ページトップへ