魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

技能五輪全国大会(建築大工職種)で健闘!

2017.12.08
第55回技能五輪全国大会(建築大工職種)の様子

去る11月25日(土)、26日(日)の2日間にわたり、栃木県那須塩原市にて第55回技能五輪全国大会(建築大工職種)の競技が行われました。建築大工職種には90余名が参加しており、魚沼テクノスクールから、木造建築科2年生の滝沢君が出場しました。この大会出場までの準備から本番までの経験は、本人の職業人生においてきっと大きな糧となることでしょう。また、当日見学・応援に駆けつけた魚沼テクノスクール木造建築科の生徒達にも少なからずよい影響を与えてくれたことでしょう。








カテゴリ:技能五輪

お久しぶりです。木造建築科1年です。

2017.12.08
お久しぶりです。木造建築科1年です。
8月30日に上棟式を行った模擬家屋で実習を重ねてきました。
後始末の都合で壁は張れませんでしたが、内部造作(仕上げ)は床張り、天井など一通り体験することができました。




もったいないですが、これからこの建物を解体します。
解体も勉強です。

来週からは12月21日に行われる、技能検定に向けての練習が始まります。
木造建築科1年では、2級の実技試験(技能五輪新潟県大会)に5名、3級に8名が受検します。

全員合格します!




カテゴリ:木造建築科

エクステリア左官科訓練の様子(36週目)

2017.12.07
エクステリア左官科です。
今週は模擬家屋の最後の作業である「石張り作業」を行いました。






砂を敷き、石を平らになおかつ目地幅を揃えて配置するのに苦労しました。
これで模擬家屋の実習が終わり、最後に記念写真を撮りました。


また、今週はコテ絵を学びました。
油絵のように小さなコテで最初に色をぼかしながら付けていき黒や茶色、緑などを点々と書いていきます。






コテだけではなく、筆や刷毛、キリフキなどを使い仕上げていきます。
小さな松や飛ぶ鳥などを表現して描いてみました。
なかなか絵心やデッサン力も必要だと実感しました。
では、また来週!!




カテゴリ:エクステリア左官科

合成樹脂管工事実習(電気施設科)

2017.12.01
合成樹脂管は住宅やビル等の屋内用の配線として、見えない部分で配管、配線して使われています。管の特徴として丈夫な硬質な樹脂材で、燃えにくく、絶縁に優れます。管は熱して曲げて配管しますが、最初は焦げたり、変形したりできれいに仕上がりません。熟練が必要となります。

(1)ガストーチで加熱し、曲げます。



(2)配管作業 基準線に合わせて配管します。


(3)配管の完成です。この後、電線を通線し、スイッチ、ランプに配線をします。


カテゴリ:電気施設科

エクステリア左官科訓練の様子(35週目)

2017.11.30
こんにちは!
エクステリア左官科です!
今週はセメントで模擬家屋の土台の仕上げを行いました。




角を作るのが難しく、また水引きによってセメントが固まってしまうので
集中して取り組みました。次の作業で模擬家屋が完成するのでまた次週に
紹介したいと思います。

さらに、今週は、特殊な技能である「引きずり工法」を学びました。
壁を塗る際に、波や水などを表現し、風景の一つとして落ち葉などを用い
て一つの絵になるように表現する工法です。




説明を聞き、実際に自分たちで近くの落ち葉を使って、川や波の表現を行いました。
なかなか思うようにいかず難しい工法だと実感しました(笑)




薄い色で仕上げることできれいに見えるようになりました。
日本のわびさび?が感じられるのかと思います。
以下の写真は自分たちが作成した作品になります。








カテゴリ:エクステリア左官科
ページトップへ