魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

左官科訓練(第45号) 実技試験第1工程!

2019.02.08
こんにちは。エクステリア左官科です。
今週の魚沼は雪が降ったり、雨が降ったりと気温の変化が激しい1週間でした。
今週は確認試験ということで実技と学科の試験がありました。
実技の課題は壁一面を三層に分けて仕上げる試験です。
今回は第1工程として前回修理した壁下地から、防水紙→メタルラス→セメントモルタル塗りと3つの手順を一人で仕上げる内容です。






今までの授業の中でもやった内容ですが、いざ一人で行うと緊張して少しうまく仕上げることができませんでした。
下の写真が完成図です。

(左:防水紙+メタルラス張り練習後、右:第1工程完成図)


残り2つの工程もしっかりと頑張りたいと思います!!
カテゴリ:エクステリア左官科

木造建築科2年です! 寮の改装工事をやりました。

2019.02.07
木造建築科2年です。
今回、壁紙を張る(内装)の実習を行いました。
大工の仕事とは関係ないように思えますが、壁の下地を作るのは大工さんです。
下地作りで出来ばえが大きく変わります。
その重要性が今回の実習でよくわかりました。



実際に、当校の寮の9号室を改装しました。
古い建物で、下地の手直しにかなり苦労をしました。
先生は外部講師の先生で、実際に現場で活躍されている方です。


内装に関することはもちろん、それ以外の仕事をするにあたって大切なことを数多く教えてもらいました。
きっと、修了して仕事に就いても役立つと思います。


工場配管・配線工事(電気施設科)

2019.02.06
工場配管・配線工事の授業風景です。
金属管を曲げます。
練習でコツをつかんでいきます。
「よいしょっと」


配管していきます。
「設計図通りにできたかな?」


通線作業していきます。
「せーの!」「そーれ!」




結線します
結線とは器具と電線をつなぐことです。
結線しないと、通電しません。
「うまくつなげたかな?」


分電盤配線していきます。
皆さんの家にも分電盤ありますよね。
分電盤は安全に電気を送るための装置なんですよ。
「先生、合ってますか?」


絶縁抵抗チェックと導通チェックします。
「確認しまーす」



<おまけの休憩時間>
授業中はマジメに、休憩中は楽しく!!
「遠いよー(笑)」




カテゴリ:電気施設科

左官科訓練(第44号) 練習用壁修理!

2019.01.31
こんにちは。エクステリア左官科です。
今週は今まで練習してきた壁下地を修理しました。
ちなみに立て直すのは20年ぶりです!






壁塗りの厚さは、柱の外側から測るので、柱がゆがんでいると、きれいにまっすぐに見えなくなります。
壁を剥がしてみると中が丸見えになり、この中に断熱材や吸音材を入れて壁を作成していきます。
今回は外枠の板を全て新しくしきれいにしました。


分かりずらいですが、外枠がきれいになったので今後の練習がしやすくなると思います。
卒業まで残り5週間。それまでにどこまで知識と技術が向上させられるか、就職まで頑張りたいと思います。
カテゴリ:エクステリア左官科

第一種電気工事士試験 全員合格!!

2019.01.29
10月7日 第一種電気工事士学科試験も無事終わり、
11月より技能試験に向けて特訓に入りました。
課題単線図を複線図にしてから施工条件通りに配線していきます。
まずは良品が作れるように練習し、次に良品が60分以内に完成できるように練習していきます。


試験課題です。


12月8日土曜日、試験会場は長岡技術科学大学です。
学科試験合格者6名で受験しました。
意外とリラックスモード??


試験も終わり、今度はホントにリラックス(笑)


第一種電気工事士 受験した6名全員合格!!
おめでとうございます!!
例年合格率30%前後と難しい試験になっています。

取得メリットとしては
1 第二種よりも工事の範囲がひろがる。
2 給料・手当が増える。

電気施設科では学科・技能試験共にサポートします。
興味を持った方はぜひ、見学にいらしてくださいね。

カテゴリ:電気施設科
ページトップへ