上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

ビジネススタッフ科 5月のひとこま

2021.05.31
爽やかな季節から、梅雨に向かっていますが、ビジネススタッフ科は元気です。
ビジネススタッフ科の5月の様子をご覧ください。
前回の歩行訓練の翌週は、顔が赤く日焼けした人もいましたが、疲れたけど楽しかったようです。

クラスの交流も深まってきたところで、クラス会を行いました。


今回のクラス会は昼食会食と映画鑑賞ということで、テイクアウト品プラス、スープ、デザートの手作りです。
素晴らしい包丁さばきに驚嘆の声が上がったり、普段、見られない姿に、色々な会話が飛び交います。


何種類かのスイーツも完成し、和やかな会食が始まりました・・・・とはいうものの残念ながら一同テーブルにつくことはできず、ソーシャルディスタンス、分散して、会話なしの昼食でしたが。

新たな一面が発見でき、親睦も深まったようです。


その週には、中学生の体験やオープンキャンパスもあり、事務作業やラッピングを訓練生が教えることもありました。
事前に練習を行いましたよ。



習得したつもりでも、いざ、教えるとなると(;^_^A
教えることは、自分のための勉強になりますね。丁寧に、優しく、教えている姿に感心しました。

6月は秘書検定受験や、PC文書作成検定にむけての訓練も本格化、頑張りましょう。



カテゴリ:ビジネススタッフ科

メカ1年 ケガキ&ポンチ作業

2021.05.27
こんにちは!

メカトロニクス科1年生は穴加工の前準備でもある
ケガキとポンチ作業の実習を始めました

最初はスケール(定規)で正確に5mmのマス目を描きました
見やすいように青色に塗ってから書きます




書き終わるとこんな感じです


綺麗にマス目が書けました

この交点にポンチというくぼみをつける工具を使って、穴あけ加工(ドリル加工)をするためのガイドになる凹みをつけていきます
やり方は原始的で先の尖ったポンチという工具を交点に当てて、ハンマーで打つだけです


凹みが綺麗に並んでいきます

この凹みがケガキ線の交点に正確に打たれていないと穴の位置もズレてしまうため、重要な作業になります
やってみると案外難しいんですよ なかなか交点の中心になってくれません
拡大するとこんな感じです




不思議なもので慣れてくると0.1mm(髪の毛1本分)ズレたら気になるようになります

この作業が終わったら次はボール盤という工作機械を使って穴あけを行います
1年生は初めて使う本格的な工作機械になります

また報告しますね
カテゴリ:メカトロニクス科

5/22 オープンキャンパスを開催しました

2021.05.27
こんにちは!

テクノスクールでは入校希望者向けにオープンキャンパスを開催しました

延べ14名の方に参加していただきました

最初はテクノスクールの特徴をパワーポイントで説明しています



その後、希望する科に分かれて授業体験を行いました

経理の方法や機械の操作、金属の仕上げ加工や自動車のタイヤの付け替えなど様々な体験を実施しました
中には訓練生と直接話す機会がある科もあり、訓練生の生の声を聞くことができます






テクノスクールでは自動車整備科、メカトロニクス科、木造建築科、ビジネススタッフ科、溶接科、電気設備工事コースと全部で6学科があります
次回は6月5日(土)に開催します
いつでもネットで申込みできるので、気軽に参加してください
ご参加おまちしております

<オープンキャンパスの申込みはこちら>
カテゴリ:イベント

自動車整備科歓迎会

2021.05.26
自動車整備科1年生です。
訓練も順調にスタートし、今日は2年生から歓迎会を
してもらいました。
体育館で親睦を深めるために、合同チーム分けして
ドッヂボールを行いました(マスク着用です)



お昼を実習場で一緒に食べました。
1年生、2年生対面で(ディスタンスあり)行いました。
これから実習や訓練でわからないことがあったら
教えてください、また就職等の相談もお願いします、
「では、いただきま~す」




カテゴリ:自動車整備科

建築系CAD 基本から練習

2021.05.23
5月22日、建築系の企業で最も多く使用されているといわれる2次元CAD(Jw-cad)の講習を実施しました。



初回の内容は、CADの基本的なコマンド操作の習得です。
直線のひき方に始まり、様々な図形の編集を行いました。



受講された方、初めて使われる方が多い中、みなさん意欲的に作図されていました。
次回は、ちょっとした工作物の図面(平面図、立面図)の作図を課題として行う予定です。
カテゴリ:木造建築科
ページトップへ