上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

結果発表!!

2021.08.06
2連覇の『金賞』を目指して取り組んだ11回目の挑戦、結果は全体3位の『 銅 賞 』でした。
目標には届きませんでしたが、年々レベルアップするこの大会で、また課題が変更になり車両の準備ができなかった中で、選手は精一杯チャレンジしてくれました。


全国の代表が集う中で、立派な成績でした。
第16回若年者ものづくり競技大会【入賞者一覧】


来年、またリベンジします。


カテゴリ:自動車整備科

いよいよ本番!!

2021.08.04
本日、第16回若年者ものづくり競技大会【自動車整備職種】に参加してきました。
Aグループに入った金子君は、午前中に『電子制御エンジン故障診断』、『フェアレディZの電気装置故障診断』の2課題を実施しました。
この2つの課題は、非公開競技となっており、指導者も中に入ることができません。
それぞれの故障を回復するべく、頭とテスターを使って取り組みました。



午後からは、『エンジンの分解・点検』、『ブレーキの点検整備』、『サスペンションの点検整備』と3課題を実施しました。
いずれも手さばきと体力を使う課題で、汗だくになって行っていました。
同伴競技者の三重県の選手もすばらし技能で、一進一退のスピードで進んでいました。



最後の課題が終わった時には、疲労感とすがすがしい笑顔が見れました。
普段と違う環境や車両への対応ができない部分があり悔しさもあったと思いますが、放課後の練習や、夏期休暇に入ってからの練習の成果が発揮できたと思います。



結果については、明日のBグループの競技が終了後8月6日に発表されます。

カテゴリ:自動車整備科

いよいよ明日!!

2021.08.03
第16回若年者ものづくり競技大会がいよいよ明日始まります。
当校からは自動車整備科2年の金子智幸君が自動車整備職種に参加します。
5月から放課後に練習を始め、夏期休暇に入ってからは毎日朝から夕方まで練習に励んだ成果が試されます。



本番会場を視察しました。
明日は普段と違う環境の中、そして違う車両で行われるため、時間内にどこまで対応できるか、それぞれの選手に求められます。
金子君には、今まで練習した技能を落ち着いて発揮してもらいたいです。

なお、競技の様子は主催者からオンラインで配信されます。
ぜひ、金子君の活躍をご覧になってください。

若年者ものづくり競技大会TOP
カテゴリ:自動車整備科

県立久比岐高校の1年生が見学に来てくれました!

2021.07.29
こんにちは!

上越テクノスクールに県立久比岐高校の1年生が見学に来てくれました。
お忙しいところ来校いただきありがとうございます。

最初にテクノスクールってどんな学校?
について説明しました。

<説明の様子>


その後は
ビジネススタッフ科⇒木造建築科(体験で木材を切断して正八角形の鍋敷きを作りました)⇒メカトロニクス科⇒自動車整備科と4つの科を見学・体験してもらいました。

<見学・体験の様子>
 ・ビジネススタッフ科



 ・木造建築科の様子(時間の関係で、今回唯一体験してもらいました)





 ・メカトロニクス科の様子


 ・自動車整備科の様子
  来週8月4・5日に行われる『若年者ものづくり競技大会』の練習の様子を見学してもらいました。


今回来ていただいたのは全員1年生でした。
就職するといういうことをイメージするのに少しでも役立てば幸いです。

最後に8月21日、25日に行われるプレミアムオープンキャンパスも紹介しました。
これをご覧の皆さんも、いつもと違う体験が出来るオープンキャンパスとなっています。
気軽にご参加ください。

プレミアムオープンキャンパスの申込はこちら(8/21・25)
当校では、高校生・中学生等の見学をクラス単位・学年単位でいつでも受け付けております。
こちらもお気軽に問い合わせください。

TEL025ー545-2190

県立久比岐高校の1年生の皆さん!
ご来校ありがとうございました。
カテゴリ:イベント

終業式と壮行会

2021.07.26
8月4日・5日に愛媛県松山市で開催される、若年者ものづくり競技大会へ、自動車整備科2年生の金子智幸さんが選手として出場します。
本日(7/21)終業式の時間に、その壮行会が執り行われました。



金子君からは大会へ出場する意気込みを熱く語っていただきました。
また、日ごろから自動車整備科で指導を行っている指導員から、競技の概要と練習の取り組みの様子を説明していただきました。


また、当校の牧野校長から選手へ、エールのお言葉が送られました。
その後、明日(7/22)以降夏季休暇期間に入ることから、訓練生に向けて、休暇期間中の過ごし方と、これからの働き方を踏まえた講話をいただきました。


カテゴリ:イベント
ページトップへ