上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

溶接ブログ 未経験だから始められる溶接の仕事の為に

2022.06.02
上越テクノスクール・溶接科では半自動溶接の資格取得をメインとして、半年間の訓練を実施しています。

入校される方のほとんどが、異分野からの転職や工業系の仕事経験がない方で、女性の受講生も多く、過去の職歴や経歴に関係なく受講できます。

溶接科では、未経験の方でも確実に資格取得をし、正社員として就職、再就職できるよう訓練をしています。


溶接の資格としては、アーク溶接特別教育は溶接の取り扱いについての資格で、取得されている方は多く居られると思いますが、溶接を仕事にし技能者として活躍するためには、「JIS溶接技能者評価試験」の資格取得は必須となります。

この試験についての詳細は、溶接科の見学やオンライン相談&説明会でお伝えします。

上越テクノスクール溶接科では、実技試験・学科試験とも高い合格率で、企業に在籍されて、試験前に溶接科で連取される方も基本級・専門級とも好成績で合格しています。

先日も、修了生や企業に在籍し受験された方が「試験に合格しました」との連絡を頂きました。

現在、溶接科2期生の募集を行っています。
興味のある方、お気軽に見学やオンライン相談&説明会をご利用ください。
溶接科2期生の募集はこちら
溶接科オンライン相談&説明会の案内はこちら
水曜日 訓練説明会の案内はこちら
カテゴリ:溶接科

メカトロニクス科1年実習の様子 Vol.1

2022.06.02
メカトロニクス科1年生の実習の様子を紹介します!

工業高校出身の訓練生は少なく、初めて金属を削る訓練生が多いです。
やすりを使って、自分の手で「金属を削る」訓練をしています。

やすりを使って金属を平らに削るだけでなく、高精度を目指すため、何度も測定しながら加工します!
大変な作業ですが、狙ったとおりの寸法に加工できると達成感があります。




カテゴリ:メカトロニクス科

ビジネススタッフ科 ラッピング演習

2022.05.31


5月28日(土) オープンキャンパスでラッピングの授業を行いました。

キャラメル包み、斜め包みを勉強しました。

今まで、贈り物をいただいてもあまり考えていませんでしたが、包装には決まり事が
あって、慶と弔では包み方が違うということを学びました。

日本人のきめ細やかな所作を知ることで、「おもてなし」の基礎を学びます。
包み終わった贈り物には「天と地」が出来上がります。

包んでいるうちにどちらかわからなくなってしまい、まだまだ訓練が必要だと感じました。

カテゴリ:ビジネススタッフ科

高田城三重櫓と上越市立歴史博物館の見学実習

2022.05.30
木造建築科では、伝統的な木造建築を学ぶため、高田城址公園にある木造の三重櫓(やぐら)を見学しました。
高田城三重櫓は、江戸時代の史実に基づく復元による城郭建築です。
三重の櫓の最上階では、屋根の小屋組に丸太を使い、伝統的な継手や仕口により力強く組まれている様子を見ることができました。


また歴史博物館では、上越の市街地でおなじみの「雁木(がんぎ)のある町屋(まちや)建築」の軸組模型なども展示されていました。
訓練生の皆さんは、上越にある伝統的な木造建築の構造美を確認し、木造建築の奥深さを感じたようです。


カテゴリ:木造建築科

オープンキャンパス大好評でした!

2022.05.29
昨日、オープンキャンパスを開催しました。
休日にもかかわらず、大勢の方が来校してくださいました。




自動車整備科ではサスペンションに関する体験実習を行いました。参加者の方は、構造を知ると同時にサスペンションの役割が体感できたと思います。








この画像は、サスペンションを外した車両と外してない車両のものです。参加者には、校内で試乗していただきました。
外した車両は、振動がすごくて車内で飲み物を飲むこともままならない状態でした。






ビジネススタッフ科では訓練生と一緒に小切手の概要と記入方法を学んでいただきました。
訓練生は参加者に一所懸命、教えてくれていました。







次回の体験実習可能オープンキャンパスは6/18(土)になります。高校生、中学生問いません。
大勢の方のご来校をお待ちしております。
カテゴリ:イベント
ページトップへ