上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

インターンシップ行ってきました

2020.12.17
自動車整備科2年生です。
先日まで、内定先でのインターンシップを実施しました。
5日間ですが、実際の現場でどんな仕事をしているか、
どんな役割で作業を進めているかなどを体験しました。





定期点検作業のノウハウや、大型タイヤの取り外しのコツなどを
教えてもらいました。会社のツナギを支給してもらった訓練生もいました。




降雪前だったので、タイヤ交換もバッチリです。



車両の下に入りグリスアップするなど、普段テクノスクールでは
やらないこともできました。
社員の皆様とのコミュニケーションや現場での実際の作業など
ためになることばかりでした、四月からよろしくお願いします。
その前に二級ガソリン、ジーゼル整備士試験がありますけどね!!

カテゴリ:自動車整備科

『自動車整備系企業ガイダンス』開催しました

2020.12.14
令和4年3月修了の1年生向けに『自動車整備系企業ガイダンス』を開催しました。



上越テクノスクール内で12月10日、11日に計37社の企業様から参加いただき、訓練生へ会社の概要や求める人物像、入社後の教育体制など丁寧に説明していただきました。

ガイダンスは、半年間勉強してきたビジネスマナーを活用し、名刺(実際は自己紹介カード)の受け渡しからスタートします。



ガイダンスが始まると、訓練生は説明を聞きながらメモを取ったり、質問したりしていました。
最初は緊張していた訓練生も、次第にそれがほどけ、有意義な意見交換ができたようです。

また、今年4月に入社したばかりの修了生も出席してくれた企業ブースもありました。
自身の学生時代の話や、就職活動の取り組み、現在の仕事内容を、同年代の目線で説明してくれたようです。



いよいよ就職にむけて準備が始まりました。
自分の考えをしっかり持ち、内定が勝ち取れるよう頑張りましょう!!

※ 参加企業の皆様
 御多忙の中、御参加いただきありがとうございました。
カテゴリ:自動車整備科

ビジネススタッフ科 福祉疑似体験報告

2020.12.08
接客サービスや日常の様々なシーンで、高齢者や障害のある方たちへ場面に応じた配慮が必要です。
今回は実際に自分がその立場になることで、どのような配慮が必要なのかを考えるため、上越市社会福祉協議会さんから協力を得て福祉介助器具の使い方を学びました。

体験内容は、
①車いす体験
②高齢者疑似体験
③視覚障害体験
です。

2人1組になり、介助する側、介助を受ける側のどちらも体験しました。

まずは①車いす体験です。
車いすを動かした経験が全員なく、取り扱い方から学びます。
乗る方の身体の状況などを考え、手足の取り方や介助のタイミングなどの説明を聞く姿勢も真剣です。


エレベーターに乗り、校内を車いすで廻ります。

バリアフリー設備で知らなかったことも沢山ありました。
・エレベーターの開閉は、車いすマークのボタンを押すと開閉時間が長くなるので、ゆっくり移動できます。
・多目的トイレは、使用者目線にあわせた鏡の角度や、補助バーが設置されています。

バリアフリー、ユニバーサルデザイン、細かな配慮に感心しました。


大変だったのは、段差の移動です。
ほんの一段ですが、テコの原理がうまくできない。そして、乗っている人も傾きが怖いのです!
1人でやるところ、上越市社会福祉協議会の方に介助していただきました(>_<)


次が②高齢者疑似体験です。身体の不自由さを体験する様々な装具を着けてみると・・・
一見、踊りだしそうでカッコ良くみえます。
ですが、視界は悪く、身体が重く、腰も痛くて、歩行もままなりません!



手を引いてもらい、身体を支えてもらったりと、校内巡回も大変でした。

そして、最後は③視覚障害体験です。


アイマスクを着けて、白杖を使い、点字ブロック上を歩きましたが、点字ブロックの幅がつかめず、停止の位置もわかりません。
点字ブロックがないと、介助なしでは歩くことができません。そろりそろりと及び腰です。
介助者は、不安が軽減できるよう、段差や突起物など、少しの変化も事前に伝えます。


介助する側、される側、両方の立場を体験することによって、配慮すべき点が鮮明になりました。

今後、そのような場面に遭遇した時に、相手の立場に立って介助できるようになりたいですね。
カテゴリ:ビジネススタッフ科

メカトロニクス科2年 12月の取り組み

2020.12.04
こんにちは!

当テクノスクールは毎月の月間目標があります。
今月は「健康の増進」
この月間目標について各クラスで訓練生が実際にどういった行動をするのかを決め
1か月やり続ける活動をしています。

メカトロニクス科2年生は「ラジオ体操」をやることにしました。

結構、皆さんノリノリで楽しんでやっています。
ちょっと意外でした(笑)

今年も残り1か月となりました。
最後まで健康で楽しく過ごしてもらいたいです!(できれば一生健康がいいですね!)


カテゴリ:メカトロニクス科

木造家屋 棟上げ!

2020.12.04
木造建築科では、皆で加工した木材をくみ上げる「棟上げ(むねあげ)」と呼ばれる作業と、屋根の下地を支える「たるき掛け」と呼ばれる作業を行いました。
「棟上げ」では、訓練生の皆さんが夢中になって、我先にといつも以上に自ら率先して動き回っていました。
木造家屋のてっぺんに組み上げる棟木が無事収まると皆の笑顔も満開といった様子です。
その後、柱や小屋組を垂直にする「建入れ直し」と「仮すじかい」の取り付け作業、そして柱や梁などの接合部に金物を取り付けました。





その後、屋根の下地を支える「たるき」という部材を取り付ける作業まで一気に行いました。
そしてその後はお楽しみの「上棟式&も○○げ」・・・までは行えませんでした。
カテゴリ:木造建築科
ページトップへ