上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

上越テクノスクールの雪の状況です(1月13日現在)

2021.01.13
1月13日13時頃の状況です。
今日は朝からよい天気ですが、校内の雪はそう簡単に消えてくれません。



今日も朝から校内除雪を行っています。
駐車場への通路も少しずつ広がっています。



駐車場内の除雪は、ほぼ終わりました。
綺麗に見えますが、1/3ほどが雪山でつぶれてしまいました。



駐車場から裏の出口も開通しましたが・・・
出た先は、道幅がかなり狭くひどい圧雪になっています。



テクノスクール前の道路も道幅は広がりましたが、圧雪は取れず凸凹です。
そんなですが、昨日より交通量はだいぶ増えてきました。



除雪に関わる皆さま、引き続きよろしくお願いいたします。
カテゴリ:お知らせ

上越テクノスクールの雪の状況です(1月12日現在)

2021.01.12

1月12日10時頃の状況です。
道路側から見た上越テクノスクールの入り口はぜんぜん見えません。
看板も雪で埋まっており、ほとんど見えなくなっています。
車の交通量も今日はかなり減っています。




テクノスクールに入ると除雪はされていますが、
とても狭くなってます。




駐車場に通じる体育館脇の通路です。
本来はもっと道幅は広いのですが、
車1台分の幅しかありません。




訓練生用の駐車場です。
綺麗に除雪されてます。




裏側の駐車場入り口は通行止めです。



正面出入り口はこのように広いですが、
雪壁で右側から来る車が見えません。
かなりこわいです。
出るときは十分注意しましょう。


メカトロニクス科2年 ソレノイドの作成

2021.01.08
こんにちは!

雪がすごいですね…

メカトロニクス科2年生はそんな中、修了課題の作成に必要なソレノイドの自作に挑戦している班があります。

そもそもソレノイドとは…
こちらを見てもらった方が早そうです
ソレノイドの構造(タカハ機工(株)さんの動画です)

興味が湧いた方は調べてみると面白いですよ!!

試作品1号は購入したパイプにエナメル線を100m巻き付けて中のピン形状は金属を加工して作成しました
エナメル線を巻くだけでも根気のいる作業でした



巻き終わるとこんな感じです

電流と電圧をコントロールできる【安定化電源】を使って電気を流してみます


電圧を電気工作ではよく使う6V、電流を0.3Aに設定してソレノイドに電気を流します!




!! 電流が0.12Aまで下がってしまいました!!
押す力を確認するとほとんど力がない状態です⤵

これでは使えない…



電圧を12Vまで上げてみました。電流も0.23Aまで上がり押す力もそこそこです。
とりあえず自作は成功!!!

でも押す力がもう少し欲しいところです。
電圧も12Vまで上げなければならないので改善の余地ありです。

再チャレンジしたいと思います。
また報告しますね
カテゴリ:メカトロニクス科

ビジネススタッフ科 令和3年スタート

2021.01.04
明けましておめでとうございます。令和3年のスタートです。
修了まで2ヶ月半、様々な検定も追い込みに入ります。

今年は雪が多く、昨年の冬とは大違いですが、12月には、雪が降る前に春日山に登りました!



上越市の観光を知る目的で上越市埋蔵文化財センターと春日山を訪れました。この後、雪が降るとは思えない快晴に久しぶりの登山?に大はしゃぎでした!(^^)!




春日山城跡地から見渡す上越市の美しい風景に、先人達の偉業に思いめぐらせました。山の中の静けさは日常の喧騒を忘れさせてくれましたね。時空を超えて、土壌を共有していることに不思議な面持ちです。


また、クラス会第2弾も行いました。またまた、手作りランチの会食会です。今回はたこ焼き、お好み焼き、フルーツパンチ!


餅入りのたこ焼きは、ずしんとお腹にたまり、これ以上食べられない飽和状態で動くことも大層でしたが、なんと、そのあとはボーリングです!!




左右自在のガーターの連発があったり、見事なストライクに大歓声が上がったり、皆で楽しい思い出ができました。

共に過ごす時間が少なくなってきましたが、各々の目標に向けて頑張りましょう。
カテゴリ:ビジネススタッフ科

初めての校外研修として原子力発電所へ

2020.12.28
12月25日(金)ホワイトクリスマスとなったこの日、大粒のボタン雪の降りしきるなか
電気設備工事コースでは東京電力柏崎刈⽻原⼦⼒発電所を訪問しました。
説明の中で、発電所を例えると山側で電気の流れの源流に位置すると伺いました。
そうすると、私たちの電気設備工事は里側に位置する『お客様の最前線』となるわけです。




全体として世界最大級となる7つの発電設備に関する説明を受け、展示施設を視察し、その後広大な施設内をバスで巡回させて頂いて、最重要設備としてのシステム面、機器面、そして操作保守の人的各側面における多重の防護対策や訓練の状況に目を丸くしました。


<原子炉格納容器の1/5スケールの模型は内部から見ることができました!>


<新型の改良型原子炉についても丁寧にご説明していただきました!>


「電気工事士として里側の第一線での活躍をおおいに期待する」との励ましを訪問先から頂き、寒さの中で更に身が引き締まった校外研修でした。

カテゴリ:電気設備工事コース
ページトップへ