上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

11月20日(土)オープンキャンパス開催!!

2021.11.20
こんにちは!

本日(11月20日)、オープンキャンパスを実施しました。

保護者の方も含め6名の方が参加してくれました。
いつもありがとうございます。

中には高校1年生や2年生の方もいらっしゃいました。
高校1・2年生、中学生や求職者の方も大歓迎なので、どなたでも気軽に参加していただけたら幸いです。

オープンキャンパスの様子です。
まずは全体説明


就職前にテクノスクールで学ぶメリットや、テクノスクールへの入校選考の内容についても説明を行いました。

次に各科の体験です。

<ビジネススタッフ科>
改ざんされない領収書の書き方を体験していました。





<自動車整備科>
トラックのブレーキの分解・組立を体験していました。
乗用車との大きさの違いも見ていただきました。


次回は12月18日(土)に開催します!
下記から、お申込みいただけます。
沢山のご応募お待ちしております。
12月18日(土)オープンキャンパス参加申し込みはこちら
カテゴリ:イベント

自動車整備科2年生 11月①

2021.11.19
自動車整備科2年生は11月に入り、『板金・塗装の基礎実習』に入りました。
今回は、自動車に傷や凹みができた際の補修の仕方について実習します。
講師は、テクノスクールの先輩であり、現役で板金塗装を営むNさんです。

板金・塗装作業の概要を説明してもらったあとに、さっそく作業に入ります。
まずは、板金作業から。
今回は、凹みに「パテ」という樹脂を塗って、平らにする作業を行っていきます。



パテには、主剤と硬化剤があって、2つを均等に混ぜる作業から行います。
最初に先生がやって見せてくれました。まるでケーキ職人のように滑らかに行っていました。
続いて初めての訓練生、、、なかなかうまくいきません。
でもそこは、練習、練習。だんだん出来るようになってきました。

次は、凹みにパテを塗ります。
う~ん。。。うまくいかない。



パテが乾いたら凸部を削って平らにしていきます。
大まかに機械で粗削りして、最後は手作業で仕上げます。
やっぱり。。、削りすぎて、また凹みました。
メンタルも凹みましたが、そこは繰り返しあるのみ!
何度か挑戦し、先生から合格をもらうことができました。

次回は、塗装作業に入ります。
カテゴリ:自動車整備科

ブレーキ2

2021.11.16
自動車整備科1年、ブレーキ整備の続きです。
フロントディスクブレーキの続きで、リヤドラムブレーキを
分解しました。いろんな部品がたくさん出てきますし
ばねのかけ方など、組み方も車種によって違います。




全部組み終わりましたら、ブレーキの制動力(止まる力)を測定します、
まずはタイヤの空気圧を調整してから
車を測定器の上にセットします。






測定した数値からブレーキの左右差や
車両重量から規定値以上か、などを計算して
整備したブレーキが安全かどうかをチェックします。
お客様が安全に車を運転できるように、整備士の役割は重要です。
でも、いろんな実習車のブレーキを整備でき、楽しいです・・・・!!


カテゴリ:自動車整備科

建築CAD検定 受験対策中!

2021.11.16
木造建築科では、建築図面を描くCAD技能の向上を目指し、建築CAD検定の受験対策も行っています。
CADは、建築設計業務のみならず、建築現場、営業、事務など様々な分野でも使われています。


来年1月には、当校を会場にして建築CAD検定試験が実施されます。
受験を控えた皆さんは試験合格を目指し、日々練習に励んでいます。


カテゴリ:木造建築科

工業技術総合研究所 見学

2021.11.15
 新潟県工業技術総合研究所上越支援センター様にメカトロ1年生が金属試験の校外見学で伺いました。


事前に用意した鋼材やアルミなどの材料の強度試験をお願いいたしました。
最初は引張り強度試験です。






材料を破断するまで引張り 伸びと荷重を測定しグラフに表します。


続きましてシャルピー衝撃試験です。一定の高さから40Kgのハンマーを振り下ろし材料に衝撃を与える試験です。


場所を移動いたしまして、金属の硬度の検査です。

ダイヤモンド等でできた硬い先端を一定の力で材料に押し当て生じた”くぼみ”の深さや幅を測定し硬さを測ります。


金属の組織を電子顕微鏡で見せていただきました。


授業で習った内容を実際に見ることができて1年生も大変勉強になったと話していました。

丁寧でわかりやすい説明で訓練生の理解も非常に深まりました大変ありがとうございました‼
カテゴリ:メカトロニクス科
ページトップへ