上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

自動車整備科1年 実習状況⑤

2022.06.18
前回に続き、タイヤレバーを使用しタイヤ組換え実習を行っております。
今回は建設機械や産業機械に使用されているリング付きホイールの組換えを行いました。
指導員からアドバイスをもらい取り組みますが、なかなか思うようには行きません(笑)
反復練習をし習得を目指します。







カテゴリ:自動車整備科

在職者訓練「コミュニケーションツールを用いたICT活用入門」

2022.06.17
6月1日(水)・15日(水)
在職者向け訓練「コミュニケーションツールを用いたICT活用入門」が開催されました。

コロナ禍以降テレワークやリモートオフィスなど、場所を選ばない働き方が増えてきました。

社内の情報共有や業務の効率化が重要になっている中で、
いろいろな企業で使われることが多くなってきました“Microsoft365”の使い方・活用方法を
教えていただきました。

Teamsによる情報共有や会議、お問い合わせフォームの作成・集計など
便利な機能が簡単にできるとのこと。



お一人ずつアカウントを作成し、実際にパソコンを使って体験しました。

この度は入門コースでしたが、もっと深く学んでみたいという声が多く上がりました。



今後も在職者向けの訓練を予定しています。
詳しくはホームページでご確認ください。
カテゴリ:在職者訓練

2級建築士の製図試験対策

2022.06.16
木造建築科では、来年の建築士受験(2級建築士、木造建築士)をふまえて、現在過去の受験問題を参考に製図の練習をしています。


今週は、先週の立面図の描き方に続き、2階床伏図の描き方を練習しました。


2階床伏図は先に描いた1階平面図と2階平面図の壁と柱の配置から、必要となる大きさの梁を合理的に配置していく考え方がポイントです。
訓練生の皆さんには、製図の授業においても、分からないことを分からないままにしない、大事なポイントを何度も質問しながら吸収したいという強い意欲が感じられます。


カテゴリ:木造建築科

上越の杉材を使った木造の実習

2022.06.15
現在、木造建築科では、地元上越産の杉材を使って、木材の加工練習をしています。



近年、脱炭素、SDGs、ウッドショックなどを背景に、県産材や地産材をはじめ国産材の活用が見直されているようです。


訓練生の皆さんは、「鎌継ぎ」や「追っ掛け大栓継ぎ」といった木材の接合技術の習得に励んでいます。


カテゴリ:木造建築科

ビジネススタッフ科 普通救命講習

2022.06.14
6月14日(火)に上越消防署のご指導で普通救命講習を受講しました。
今回は、木造建築科の訓練生の皆さんと合同で受講します。

上越消防署の方から、上越管内の火災、救急搬送など状況を伺いました。



さて、講習が始まり呼吸の確認を行っています。さぼって寝ているわけではありません。
昔、呼吸の確認は口元に耳を近づけて、確認をしていましたが、コロナウィルス感染
予防の観点から、現在では、腹部の膨らみを確認して呼吸の確認をします。
こういうところでもコロナ禍の影響は出ているんですね。講習に臨んだことで新たな
知識を得ることができました。



この後、模型をつかって気道の確保、胸骨圧迫、人口呼吸、AEDの操作などを
学びました。
講習では人口呼吸は行わず、実際にはどのように行うのか指導を受けました。
相手の口を覆うように息を吹き込むように人口呼吸するそうです。
現在は、コロナ禍の影響で、気道確保、胸骨圧迫、人工呼吸などは家族などに
限定されているそうです。

AEDの操作も使う機会がないことがないので、講習でしっかり操作できるのは
よい体験になりました。

カテゴリ:ビジネススタッフ科
ページトップへ