魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

カテゴリ:電気施設科

合成樹脂管2

2020.01.06
合成樹脂管工事実習2

今回は作業面2面を使って、2人1組で協力して施工します

前回の実習よりも、配線が多く、複雑になる為、電線の種類、寸法を
他グループとも確認しながら作業します


このような配管図を元に施工します


工具の使い方も、実習を重ねて上手になってきています






結線した後、全体の目視チェック、導通チェック、絶縁抵抗チェック、点灯試験で点灯すれば完成となります!!


施設・実習見学 個別に対応します
まずはお電話ください
℡025-794-2410


カテゴリ:電気施設科

住宅の配線図面の作図(電気施設科)

2019.11.26
模擬住宅配線実習のための配線図を制作しました
手書きで配線図面を書きます


手書きで書いた図面をJWCADで作図します




完成した作図で、住宅配線工事を実施します
12月21日 土曜日 今年最後のオープンキャンパスです!!

事前申込不要です 
日程合わない方はお電話ください!!
カテゴリ:電気施設科

合成樹脂管工事実習

2019.11.19
合成樹脂管は住宅やビル等の屋内用の配線として、見えない部分で配管、配線して使われています。

管の特徴として丈夫な硬質な樹脂材で、燃えにくく、絶縁に優れます

管は熱して曲げて配管しますが、最初は焦げたり、変形したりできれいに仕上がりません

熟練が必要となります

(1)ガストーチで加熱し、曲げます


(2)配管作業 基準線に合わせて配管します


(3)配管の完成です
  この後、電線を通電し、スイッチ、ランプに配線をします




(4)配線後、導通確認してから点灯させます。


12月21日土曜日 今年最後のオープンキャンパスです!!
事前申込不要 保護者の方のみでも見学いただけます

カテゴリ:電気施設科

太い金属管での工事実習

2019.10.02
ここでは電線管工事に使われる「金属管」の加工技術を習得します。

今回は太い金属管での工事実習となります。
金属管の切断、バリ取り、曲げ作業の中で、特に曲げが難しく
きれいにゆがみなく曲げる技能が要求されます。











もちろん、みんな初心者です。
練習する中で、徐々にできるようになっていきます。

次回オープンキャンパスは10月12日土曜日です。
実際に見にきてくださいね!!
カテゴリ:電気施設科

第一種電気工事士の技能練習スタート

2019.09.04
第一種電気工事士に向けての技能練習の風景です。
単線図の複線化がイメージできるように1~10課程を順番に組んでみました。
最初は1時間以内に完成できませんでしたが、後半になるにつれ時間内で収まるようになりました。







カテゴリ:電気施設科
ページトップへ