上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

カテゴリ:電気設備工事コース

校外学習(電気設備工事コース)

2022.07.05
電気設備工事コースです

先日、校外学習として高田発電所・新高田発電所とうみがたりに行ってきました。

高田発電所、新高田発電所では名立取水ダムに貯水している水を使って無人で電気をつくることを学んできました。
今年は梅雨の期間が短く二つあるうちの新高田発電所のみしか稼働していないこともわかりました!!!
また今年いっぱいで、高田発電所が老朽化にともなって止まって廃止。
その後、新しい発電機がくることもわかりました!!!









その後はうみがたりのバックヤードツアーに参加してきました。
ツアーでは餌の冷凍庫やろ過室、電気の配線など普段見れないものを見て学んできました。




とても貴重な体験の後にはショーやお魚など見れて楽しい校外学習でした!!!!



電気設備工事コースでは、まだまだ8月入校生を募集してます!!
詳しい内容はホームページのトッピクスからご確認できます!
ワークトライアルやオープンキャンパス、水曜説明会なども開催しておりますので
まずはお気軽にご参加ください!!!
カテゴリ:電気設備工事コース

電気設備工事コース 授業の様子

2022.06.27
電気設備工事コースです。

後期、9日間の企業実習が無事に終了しました。
企業実習で学んだ内容や作業をレポート作成し訓練生同士で共有しました。
「前期実習とは違う実習先に行っているのでとても貴重な体験をした」
「前期、後期企業実習で学んだことを今後の職場で活かしていきたい」
など、ポジティブな感想ばかりでした!!!





修了まで残り1ヶ月となりましたが現在は7月下旬の実技試験に向けて勉強中です!
全員合格目指して頑張ってます!!



電気設備工事コースでは8月入校生をまだまだ募集しております。
トップページのトピックスから詳しい詳細がご確認いただけます。
ご応募お待ちしております!!!!

カテゴリ:電気設備工事コース

「フルハーネスの特別教育」&「高所作業車の技能講習」を受講

2022.06.03
電気設備工事コースです。
訓練生の皆さんは、5月31日から6月2日までの3日間、上越テクノスクール内で、「フルハーネス型落下制止用具の作業の業務に関する特別教育」と「高所作業車の技能講習」を受講しました。

1日目のフルハーネス特別教育では、墜落制止器具に関する知識や労働災害に関する知識を学びました。





1日目は、実際にフルハーネス墜落制止器具の使用方法を実際に身に着け、着用の仕方や解除の仕方など学びました。
6時間の講習を受け、フルハーネス特別教育・安全衛生教育修了証を取得しました!

2日目、3日目は高所作業車運転技能講習でした。




訓練生の皆さんは、真剣に説明を聞き、初めてながらも指導された通りに操作を行い、無事に全員合格することができました!!!




来週からは後期企業実習が始まります。
電気設備工事コースでは現在、8月入校生を募集しております!
お気軽にお問合せください(^^)/
カテゴリ:電気設備工事コース

電気設備コース 授業の様子

2022.05.26
電気設備工事コース(1月入校生)です。

電気設備コースの訓練生は、現在、5月29日に行われる第2種電気工事士筆記試験の受験に向け勉強中です。
現時点で概ね合格点レベルに達しており順調に進んでいるようです。




筆記試験受験が終了した後には、「フルハーネス特別教育」と「高所作業者運転技能講習」を受講する予定です。
そして、その後は実際に企業に通いながら技術を習得する「企業実習(後期)」が始まります。


現在、新たに8月から開講する「電気設備工事コース」の入校生を募集しています。
このコース内容がわかる、「オープンキャンパス」や「ワークトライアル」を毎月テクノスクールで行っています。
興味がある方は、お気軽にテクノまでご連絡ください。皆さんのご参加をお待ちしております。
カテゴリ:電気設備工事コース

高田発電所、新高田発電所を訪問しました

2021.11.10
 電気設備工事コースでは第二種電気工事士の資格取得を目指していますが、電気の知識を広く身につけるべく、上越の社会インフラの構成・管理・稼働状況を学ぶ校外研修として、新潟県企業局高田発電所、新高田発電所の設備を見学しました。
 高田発電所、新高田発電所は隣接しており、上信越道の上越高田IC西側の山麓にあります。西に離れた名立川のほか5つの河川から集められた水がここで発電に利用されたのち、上越市の上水道としても活用されており、地域への電源供給と上越市民の飲料水となっていることを初めて知りました。

 発電所の構内に入ると、まず山上からつながる水圧鉄管が目を引きます。この中を水が流下し、水車へと導かれます。


 発電所内では多くの機器を見学しました。その際の写真からいくつか紹介します。
 高田発電所の水車と発電機は、回転軸が地面に垂直な立軸です。 下の写真のような大きな発電機が据え付けられており、ちょうど休止中でした。


 高田発電所の水車本体は、下の写真の見学者の下にあります。ちょうど休止中だったため、軸は回転していません。


 水車の羽根車(ランナー)です。 たいへん大きいですが、精巧なパーツでした。


 下の写真は新高田発電所の水車と発電機です。回転軸が水平な、横軸タイプです。


 水力発電は燃料に頼らない環境にやさしい再生可能エネルギーである、ということは一般的な知識として知っていましたが、稼働中の水力発電所を見学して、熱や排煙を伴わない発電の状況を体感できました。訓練生一同、電気の流れの原点となる発電所を見学できて、視野が一気に広がりました。ご案内頂きました、県企業局の皆様に感謝致します。

 最後に電気設備工事コースからのお知らせとなりますが、1月下旬からスタートする次期受講生を募集しています。電気の領域に興味や関心のある方、また新たに電気関連の仕事を目指したい方など、ぜひお気軽に上越テクノスクールまでご連絡ください。

 ☆電気設備工事コースの紹介ページはこちら(リンク)☆
カテゴリ:電気設備工事コース
ページトップへ