魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第41号 レンガアーチ完成と検定練習スタート!

2020.01.17
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科はレンガ積みアーチ作成と技能検定左官2級課題に挑戦しました。

まずは、以前積み上げていった4段目の部分にベニヤ板をのせ5段目を作っていきます。




そしてアーチ部分に取り掛かるためにアーチの土台を置いていきます。


土台を置いたら、細い木材と太い木っ端を用意して、間隔が等しくなるよううまく間に挟みながら材料を詰めていきます。






きれいにアーチが完成しました。後日、木枠を取って仕上げたいと思います。

続いて技能検定左官2級課題練習の紹介です。
下記の形のものを下塗り、上塗りし指定した寸法に仕上げるのが左官2級の課題です。


まずは墨付けですが、複雑な形をしているので初めから大変です。
その後墨付けした場所をちり塗りしていきます。
ちり塗りとは以前に土壁で行った端の高さを決める塗り方です。
小さいコテを使うのでこれもまた難しいです。






まだまだ練習が足りませんがしっかりと覚えていきたいと思います。
今週はここまで!
次週もお楽しみに!
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第40号 年明けの授業

2020.01.10
明けましておめでとうございます、エクステリア左官科です。
今週の左官科は、ヨーロッパの左官技術の一つである造形と木造1年生が作成した模擬家屋の壁塗りを行いました。

まずは造形から紹介したいと思います。
今回は主にヨーロッパで生息している「アカンサツ」という植物を各自デッサンします。
デッサンが終わったら木の板に模写し、油土と言われる粘土に油を混ぜたもので形を作っていきます。






続いて木造1年生hが作成した模擬家屋の壁塗りの紹介です。
今回は1年生の和室に壁塗りを行いました。
まずは下塗りからで、後日仕上げを塗っていきます。




最後に昨年末でブロック塀の課題が全て終了したのでまとめて載せたいと思います。










カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練38号 レンガ積みとベース仕上げ

2019.12.26
メリークリスマス!!エクステリア左官科です。
今週の左官科はレンガ積みとブロック塀のベースを金ゴテで仕上げを行いました。
前回で作り上げたレンガ積みのベースに遣り方(やりかた)を置き、釘を打って基準となる糸を張ります。
この辺はブロック積みの時とあまり変わりません。


違うところは目地が1段目と2段目でずれてしまったり、半端ものを置いたりする箇所があります。
なので、必要に応じて専用の道具でレンガを割っていきます。


ブロック塀と違い、レンガ自体のサイズが小さいので目地を直すのも大変です。




来年になったらアーチ部分に入ります。


続いてブロック塀のベースを金ゴテで仕上げていきます。
まずは地面と壁面に墨を出し、セメントを盛って木定規で平らに塗っていきます。


次に今度は定規を反対の面に置いて反対側も平らに塗ります。




さらに最初の面に戻って、定規を置き木ゴテを使ってより確実に平らにし、金ゴテで綺麗にします。
最後にまた反対で同じことを繰り返し角を整えたら完成になります。


今年の授業は今回で最後です。
それではまた来年!!
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第37号 会社見学

2019.12.20
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は長岡市にある「アダチ造形」さんへ現場見学へ行ってきました。
この会社では、公園にある遊具や公共施設にあるトイレなどの建造物を主に施工しているそうです。
施工方法や材料の説明など、僕たちに分かるように教えていただきました。














雨天で大変な中、丁寧に説明して下さりありがとうございました。
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第36号 擬板仕上げ作業

2019.12.13
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は擬板仕上げの紹介です。
擬板とは以前行った擬木を板材を変えたものになります。
板材であるが故に、木材を縦に切ってあるのでその分木の年輪が複雑になります。


なので初めにデッサンをして擬板の見本となるように書いていきます。


想像力や木の知識が大事だと痛感しました。
続いて木材の色になるようにセメントを配合して練り合わせていきます。


今回は板材を2枚並べる予定なので、真ん中に目地になるように木を入れ、固定するように塗っていきます。
固定の仕方はブロック塀に目地棒を入れた時と同じです。


木材を入れたら配合した材料で塗っていきます。


塗り終わったら乾燥させ、いよいよ擬板に仕上げていきます。
上面を先生が、下面を我々生徒が書いていきます。








何とか完成することができました。
ん~難しい!!
カテゴリ:エクステリア左官科
ページトップへ