魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第47号 積算

2020.02.27
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は積算の紹介です。
積算とは建物や図面などから面積や数値を洗い出し、材料の個数や単価を加えて材料費や施工費を算出することをいいます。

今回は完成している模擬家屋を例に自分たちで計測してみました。




計測した数値をもとに各部屋の面積を出していきます。


部屋の面積を出したら、各部屋ごとにどのような施工をしているかを考え、どの材料がどれくらい必要になるのか計測した面積に対して数値を出していきます。


最後に材料の個数に単価をつけて材料費を算出します。
これらのやり方は昔ながらの算出方法になります。

続いての方法は見積もりといわれる現在主流の方法です。
設計図を元に施工する前段階で先程と同じように材料費を算出します。






少なく見積もれば損が出ますし、多く見積もるとお客様が離れてしまいます。
技術だけでなく、こういったことを覚えるのも重要ですね!!
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第46号 確認テスト

2020.02.21
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は確認テストを行いました。
一年間ここで学んだことが、自分一人でどのぐらいできるのかのテストになります。
まずは、防水紙とラス網を寸法通りに切って貼っていきます。


次に各自で練ったセメントで塗っていきます。
ここまでが第一工程になります。


日をまたぎ、続いては石膏プラスターで中塗り作業になります。
下地のセメントの時と同様に各々の塗り易いように材料を練って塗っていきます。


塗り終わったら木ごてや刷毛を使って荒く仕上げていきます。
こうする事によって次の材料が塗り易くなります。


ここまでで第二工程になります。
翌日、日が変わって第三工程のしっくい上塗りになります。
水の引き具合を見計らいながら、何度もこてを通して壁をきれいに仕上げていきます。




第三工程も終わり、これで確認テストは終了です。
ゼロの状態から下地を塗れるようにし、下塗り・中塗り・上塗りと全部一人で作業してきましたが、やはり難しいですね。








自分たちの現在の実力が分かった所で、これから先は各々が就職先で鍛錬を積むことになると思います。
残り少ない学校生活も無駄にしないように頑張っていきたいと思います。
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第45号 造形完成!

2020.02.13
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は造形の続きになります。

いよいよ造形も今回で最後になり、先週に作った寒天母形にせっこう(石膏)を流していきます。

先週では木枠を取り付けたままになっているので、まずは木枠を外し水の中で浮力を利用して寒天を逆さにします。


この時期の水はとにかく寒いですが気合でどうにかします!!


外した寒天母形を今度は凹みを上にして再度木枠で囲み、石膏を流していきます。




次に固まり具合を見計らって同線のフックをつけます。


最後に再度水の浮力を利用して寒天部分を外し、やすりで形を整えたら完成です。




完成した造形はこちらになります。






カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第44号 造形 寒天母形作成

2020.02.06
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は、造形の続きになります。

前回、油土を使った原形作りが終わったので、それを母形にしていきます。
一口に母形といっても石膏や合成樹脂などを使ったものもありますが、今回作るのは寒天を使った方法で作成していきます。
まず初めに寒天を溶かしていきます。




溶けるまでに時間が掛かるので、その間に流し込むための枠を作成していきます。
木枠を組んでいきますが、隙間があるのでしっくいで埋めていきます。




そして、流した寒天を剥がしやすくするために油を塗ったら準備完了です。


準備が終わったところでちょうど寒天の方も煮えてきました。


最後に溶かした寒天を流し込み、固まれば母形作りは完成です。






次回はこの寒天を型にして石膏を流していきたいと思います。
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第43号 造形と技能検定練習

2020.01.30
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は造形と技能検定の紹介です。

前回の造形ではアカンサツの葉を皆で作りましたが、今回は各々が好きなものを作成しています。
釣りが趣味の人は魚を、群馬県出身の人は群馬県を、またある人は動物のライオンを。








次に技能検定ではちり廻り塗りの次の工程である「角測り」に進みました。
読んで字の如く、角を測って仕上げていく工程になります。
専用の木定規を使って決められた寸法に塗っていきます。








一方、1月に入ってから学科の授業も始まりました。
今まで実技として体で覚えたことを改めて頭で覚えていきます。
中々わからない部分もありますが、頑張って知識を深めていきたいと思います。


カテゴリ:エクステリア左官科
ページトップへ