魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第23号 応用課題ブロック積み

2019.09.13
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科はブロック積みの応用として囲んだような形でブロック積みを行いました。
今回は前回と違い、全員で持ち回りを担当することになります。
なので、サイズも大きく、3m×2.5mの大規模なものになります。


まずはブロックを積むためのベース作りからですが、今回はサイズが大きいので前回とは違って型を組み流し込みを行っていきます。
型を作るために板材を使って囲み、強度を出す為の鉄筋も組んで流し込みます。






そして前回と同様に遣方(やりかた)を四方に置いて糸を引きます。


その後も前回と一緒で一段ずつ水平器を使いながらブロックを積んでいきます。
大規模なものになるので、四隅の高さを合わせることはもちろんのこと、目地幅や糸の幅を見ながら行うので
中々大変です。






今週はここまでになります。
続きはまた次回!!
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第22号 土壁作業最終回

2019.09.06
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は、いよいよ土壁作業の最終章と木造2年生が建てられた模擬家屋での壁塗りを紹介したいと思います。


いよいよ土壁作業も最後の工程になりました。
⑪上塗り作業になります。
まずは材料を練るところからスタートです。


今回使う材料は珪藻土(けいそうど)というものです。基本的に壁の仕上げに使う材料で、TVで紹介されたりしている近年人気の仕上げ方法です。








今回はみんな上手に出来たと思います。
続いて木造2年生が作った模擬家屋での壁塗りの紹介です。
和室を想定した部屋を全面みんなで分担して作業しました。
家屋のサイズが狭く塗るのが大変です。
材料も土壁の時と一緒で珪藻土です。






カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第21号 ブロック積み作業

2019.08.30
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週からブロック積みが始まりました。

まずは床に基準となる墨を出していきます。


次に床の水平を出すために、H状にモルタルを敷いていきます。
水平器を駆使しながらやるのですが、なかなか水平が合わずに大変です。




ちなみになぜH状にモルタルを敷いていくかというと遣方(やりかた)というものを置くための場所になります。
この遣方はブロック積みをする際、1段目、2段目とブロックを置く高さを合わせるのに重要になります。


遣方にブロック+目地幅(ブロックとブロックの間に入るモルタル)の高さに墨を出して釘を打ちます。
その釘同士を糸で繋ぐことでブロックを置く目安になります。


ブロック一つ置く度にきちんと水平器で確認をします。
一列終わったら遣方の糸を一段分上げて2段目を行います。2段目には補強のために鉄筋を横に通していきます。




一応完成はしましたが、目地がずれていたり、傾いていたりとなかなか難しいですね。
次回はもっと上手に作りたいと思います。
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第20号 擬木作品紹介

2019.08.21
こんにちは、エクステリア左官科です。
夏休みも明け、今週から授業が再開しました。
今週のブログでは今までお伝えできなかった授業の紹介になります。
今まで個人で作成した擬木の合作の紹介です。
まずは全員で何を作るかテーマを決めます。
その結果、擬木と擬板(木の中を模した物)を合わせたテーブルとプランターを作ることになりました。
テーブル下の支えの部分は、大きさが違うだけで今までと作り方は変わりません。




テーブル上部は型にセメントを流し込み、鉄筋を入れ補強していきます。




材料が固まったら全員で手分けしながら塗って仕上げていきます。






なんとか無事に完成することができました。


カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第16号 土壁作業その5

2019.07.25
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週は土壁作業の続きと夏休み前になるので大掃除を行いました。


いよいよ土壁作業も終わりが見えてきました。
今回は⑧「ちり回り塗り」になります。
ちり回りとは壁の端の部分のことで、ここから先に塗ることで柱と土壁の間のひび割れ防止や、その後の⑩「中塗り」の厚みを決める大事な作業になります。
ここでは、初めて使うコテもあり小さく扱いがとても難しかったです。






次に順番的には⑨「角測り」ですが、⑩「中塗り」の紹介になります。
⑧「ちり回り塗り」で説明したように、塗り厚は既に決められているので、それに沿って塗っていきます。
・・・と説明では簡単に聞こえますが、下地が土なので水引きも早く、素早い塗りの技術を必要とし、とても難しかったです。
先生の見本と違い、僕たちの壁は水が引いてからコテを掛けてしまい、つるつるになって土壁の風情が消えてしまいました。




今週でブログは最後になります。
夏休みに入るので、次回のブログ更新はお盆明けになります。
カテゴリ:エクステリア左官科
ページトップへ