魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

2019年11月

技能五輪全国大会壮行会の様子

2019.11.14
11月14日(木)に全校で第57回技能五輪全国大会壮行会を実施しました。
初めに技能五輪全国大会についての概要及び課題を担当指導員から説明してもらいました。




次に今年の第57回技能五輪全国大会の出場選手として
建築大工職種
雑賀智里 (木造建築科2年)
長谷川勇志(木造建築科2年)
の2名が当校から新潟県代表で出場することになり、意気込みを語ってもらいました。




最後に校長先生の方から激励の言葉をいただきました。
緊張等あるかと思いますが3か月間一生懸命練習した成果を遺憾なく発揮してほしいと思います。


カテゴリ:イベント

左官科訓練第32号 ブロック中塗りと型枠取り付け

2019.11.14
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は前回の続きと型枠の梁(はり)取り付け作業の紹介になります。
まずは前回の続きとなりますブロック塀の中塗り作業です。
目地棒の取り付けが終わったので、各面の境界が分かり易くなりました。
ここから仕上げ方法に合わせて塗っていきます。

今回の仕上げ方法はそれぞれなまこ壁、しっくい、内装・外装タイル仕上げにするつもりです。






各仕上げ方法に合わせて塗り厚を変えながら中塗りする必要がありるので大変です。
中塗り後、各仕上げを行っていきたいと思います。

続いて、少し前に行っていた型枠作業の紹介したいと思います。
以前は1つの柱と梁が完成していましたが、2つ目の柱を組み立てて、いよいよ梁を取り付けていきます。柱が外れないよう、また流し込む寸法が変わらないように木材とフォーム帯という金物を使って固定していきます。




2つともフォーム帯で固定したら、いよいよ梁をかけていきます。重いので全員で持ち上げて梁をかけていきます。




うまく柱にはめることができました。
この後は梁が落ちないように下に単管で固定し、また梁がセメントを流し込んでも外れないように単管を入れてしっかりと固定していきます。


単管を入れ終わったら完成になります。
型枠の寸法の許容範囲は+-3mmと非常に精度が求められるのでしっかりと正確に組み立てる必要があります。

今週はここまで!それではまた次回!!




カテゴリ:エクステリア左官科

木造建築科1年、玉掛け講習です。

2019.11.13
木造建築科1年です。
前回模擬家屋の棟上げ式等をお届けしましたが消えてしまいました。しかし作業は順調に進んでいます。
造作作業「かもい」の取り付けも隙間なく入れることができました。


模擬家屋と同時進行で12月に行われる、技能五輪新潟県大会の練習もやっています。




その合間ですが、今週は玉掛けの技能講習を受講です。
今日は実技、最後に試験もあります。




やることがたくさんありますが、すべて資格取得につながる大切な訓練です。
気を抜かず、しっかりとやりたいと思います。
カテゴリ:木造建築科

左官科訓練第31号 目地棒の取り付け

2019.11.07
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科はブロック塀の続きで、今度はこの塀を壁に見立てて作業をしていきます。

まずは目地棒というものを取り付けていきます。
目地棒とは境界を分かり易く美観を良くし、尚且つひび割れ防止にもなる優れものです。
その目地棒をきれいに入れるために、寸法通りに釘を打って糸を通します。


そして糸に合う様に木材を入れ、木材が落ちないように下に釘を打ちます。
その後、木材を一度外し、その場所にモルタルを塗り付け、木材の面が糸と合うように木材を取り付けます。




今度は木材の面に合うように目地棒を入れ、その間にモルタルを詰めて目地棒を固定します。


上の部分が充分乾いたら、木材を外し同じように下側にもモルタルを塗り付けて固定していきます。
これで目地棒の取り付けが完了しました。

次にコーナー定規の取り付け作業になります。
コーナー定規もまた目地棒と同じ理由で取り付けていきます。




今週はここまで!!
カテゴリ:エクステリア左官科

左官科訓練第30号 校内の壁塗り施工作業

2019.11.01
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週の左官科は校内の壁塗り施工作業を行いました。
木造建築科が建設し、電気施設科が配線や電気を通し、左官科が壁塗り施工を担当します。
これこそ正に「魚沼テクノスクール」ならではの授業ですね!

まずは石膏ボードを取り付けビスで固定していきます。


取り付けが終わったらビス穴を下地材で埋めていきます。
それらが終わったら天井から順に下地材を塗っていきます。






下地材が乾いたら、いよいよ上塗り作業になります。再度天井から順に珪藻土(けいそうど)で仕上げていきます。








今回は天井を白色で壁を茶色の珪藻土で仕上げてみました。
中々いい出来になったのではないでしょうか?

それではまた来週!!




カテゴリ:エクステリア左官科
ページトップへ