新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

2021年1月

機械加工がんばってます!Vol.27【精密機械加工科2年】

2021.01.28
こんにちは!精密機械加工科2年のR.Yです。
低圧電気取扱者の特別教育を受講しました。
これから就職先で取扱う事になる機械に対して動力的な知識を改めて再確認することが出来ました。


これから電気的作業において、自分にも責任が付きまとうことを自覚し作業に取り組みたいと思います。
カテゴリ:精密機械加工科2年

ガス溶接技能講習

2021.01.28
労働安全衛生法に定められているガス溶接作業者の資格を取得するため当校溶接科で技能講習を受講しました。




「ガス溶接作業者技能講習」と「研削砥石の取替え・試運転関係特別教育」を受講し目まぐるしい1週間でしたが、ガス溶接作業者は7名全員が取得できました。
次は「研削砥石の取替え・試運転関係特別教育」と「アーク溶接の特別教育」が重なりますが「気を」・「火を」引きしめて頑張ります!
カテゴリ:電気システム科2年

電子制御エンジン トラブルシュート

2021.01.27
 あと2か月ほどで修了を迎える2年生は、残る実習もわずかとなりました。

 昨年「電子制御エンジン 基礎実習」を学んだことをベースに、現在は「電子制御エンジン 応用実習(トラブルシュート編)」をやっています。
 あらかじめ不具合を設定した教材用エンジンを使い…

 不具合現象確認 → 基本点検 → 原因の絞り込み → テスタ等による点検

と、段階を踏んで原因を探求していきます。

 電子制御エンジンといっても、ガソリンエンジンの3大要素「良い混合気」「良い圧縮」「良い火花」のうち、ひとつでも不具合があるとエンジン不調だったり始動不能だったりと、要素は昔から変わっていないのですが、「機械的コントロール」だったものが「電子的コントロール」に変化したことで、トラブルシュート技法も変わってきています。
 特に「原因の絞り込み」が非常に重要で、機械的要素の点検はもちろんのこと、様々なセンサやアクチュエータを使いコンピュータ(ECU)がコントロールしているため、電気回路図を基にサーキットテスタ、オシロスコープ、コンピュータ診断機などを駆使し、エンジンの幅広い機構の中から不具合原因を絞り込んでいきます。


↓ コンピュータ診断機(外部診断機)の【データモニタ】画面。エンジンの状態がリアルタイムに表示されます。


↓ オシロスコープによる測定。画像は、クランクポジションセンサの信号とカムポジションセンサの信号


 ちなみに、今回の実習では6つの不具合を設定しました。
① エンジン始動不能 ×4
② エンジン不調 ×1
③ アイドル回転が高いまま ×1

 各班で、知恵を出し合い基礎で学んだことを思い出しながら、順を追って点検していきます。当然、行き詰まってしまうこともありますが、そこは班員みんなで協力し乗り越えていきます。トラブルシュートは難しいのですが、なんとなく「宝探し」のような要素もあって、不具合原因を探し当てた時の喜びはそれに似ています。
 自動車整備士としての【仕事のやりがい】って、そんなところにあるのかも知れませんね\(^o^)/



カテゴリ:自動車整備科2年

ビル設備管理科 第2種電気工事士技能試験 模擬講習

2021.01.27
一年で最も寒い時期を迎え、自然と身が引き締まる今日この頃です。

今週は、本日公表された『令和3年度 第2種電気工事士技能試験』の公表問題に本番同様の制限時間40分でチャレンジしました。
結果は十人十色、各々課題が見つかりました。
限られた時間で、いかに無駄なく正確・丁寧に施工出来るかが合格する為の鍵となりそうです。


そこで突然ですが、私も使えるようになりたい技能試験での時短テクニック リングスリーブ圧着法について、一つご紹介させていただきます。


リングスリーブ圧着をスムーズに行う方法で、あらかじめスリーブを工具に装着しておく方法があります。
こうしておくことで、圧着工具のハンドルの開き加減を最小にできるので、スリーブに電線を通した時点で圧着がスムーズに出来ます。


リングスリーブ圧着は技能試験では避けて通れない作業です。
合格への足掛かりとして、早い習得を目指します。
カテゴリ:ビル設備管理科

自動車整備科訓練状況㊱(委託実習F君)

2021.01.27
遅くなりましたが
昨年、実施した委託実習の訓練状況です。
今回紹介するF君は某バイク店で実習を受講させていただきました。
バイクが好きでテクノスクールに入校しました。
就職先も2輪整備も視野に入れて活動しております。
テクノでは体験できないことも多くあり、充実した実習を行うことができました。


カテゴリ:自動車整備科1年
ページトップへ