新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

カテゴリ:電気システム科1年

金属管工事⑩

2021.10.08
今週で、課題の4が全て終わりました。
ケーブル配線と比べてとても苦戦した金属管でしたが、完成させることができたのは良かったです。
今回の反省点を活かして今後の金属管工事をしていきたいと思います。




来週からは合成樹脂管が始まります。
金属管とは違う難しさがあるので、しっかりと技術を身に付けたいです。
カテゴリ:電気システム科1年

金属管工事⑨

2021.09.29
1枚目の写真は作業板に寸法を計算してLINEを付けてら25mmの金属管を施設したところです。


2枚目の写真は担任の先生が1時間くらいですぐ作り終わった写真です。 私たち訓練生ではひとつの金属管を曲げるのに半日かけたり1日1本作り終えることが出来ないことだってあります、まだまだ成長途中の訓練生ですがこれから頑張って行きたいと思います!


3枚目の写真は5日くらいで仕上げたものです
どれも未完成ですがやはり、先生方には追いつく事は到底難しくまだまだ叶うことはありませんがこれから頑張って行きたいと思います!


カテゴリ:電気システム科1年

金属管工事⑧

2021.09.16
電気システム科1年生は先週から取り組んでいた課題の③を使って金属管配線をしました。
金属管配線は金属管の中に電線を通して配線する作業です。

今回は自動点滅器を使い配線しました。自動点滅器は周りが暗くなると自動的に点灯してくれる機械です。




自動点滅器を暗くすると


このように一番右上のランプが点灯しました。自動的に点いてくれる装置はとても便利だと思った実習でした。

次は最後の課題なので今までの課題をもとに頑張りたいと思います。

                                   
カテゴリ:電気システム科1年

金属管工事⑦

2021.09.06
電気システム科(1年生)では、午後の実習で金属管配線工事の新しい課題に入りました。今回の課題の複線図では、今までの課題以上に皆さん、とても苦戦している様子でした。使用する材料もとても多く、拾い出しを終え、墨出し作業まで終わらせました。



また、今回の課題では今まで使用してきた金属管の種類では「C19」という金属管を使用してきましたが、この課題では「C25」を使用します。C25はC19よりも管の厚さが分厚く、曲げるのがとても困難です。ですが、皆さん一生懸命頑張って曲げていました。




カテゴリ:電気システム科1年

金属管工事⑥

2021.08.27
今週は課題2が終了しました。
初のクランクがあったため、真っ直ぐ曲げるのが難しい課題でした。次週からの課題はもう少し早く終わるようにしたいです。



カテゴリ:電気システム科1年
ページトップへ