三条テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

三条テクノスクールブログ

エッグ・ケース・シェルター・コンテスト

2021.05.13
エッグケースシェルターコンテストとは、一般的には「エッグドロップ」と言われる競技です。

卵をアルミ製の針金で保護して、一定の高さから落下させて割れないように設計するという
ルールで、今回の競技は行われました。
材料であるアルミ製の針金の強度を考慮して、落下の衝撃をやわらげ、卵を割らないように
する構造物を限られた時間内に作り上げるという課題です。

今回、1.5mの高さから落下させて、卵を割らなかった作品は2つだけでした……。

材料の性質や、構造による強度の違いなどを考慮に入れれて設計するということは、
テクノスクールでものづくりを学んでいる以上、お座なりにはできないことですので、
このような課題を通して、しっかりと学んでいってほしいと考えています。




完全にグシャグシャですね。
 
 




おしい!! でも、これも失敗。
 
 




シンプルな形だけど、割れていない!!
 
 




これも割れてないです!
カテゴリ:工業デザイン科

令和3年度 入校式

2021.04.08
令和3年度普通課程、メカトロニクス科、工業デザイン科、生産システム科の入校式が挙行されました。
三条テクノスクールで、県内のものづくり産業を支える技能者として活躍できる人材に育てていきます。

 
入校式の様子画像

三条地域振興局ロビー展示PRコーナー 三条テクノ作品展示

2021.02.03
三条地域振興局ロビー展示の様子1

三条地域振興局ロビー展示の様子2

三条地域振興局ロビー展示の様子3

三条地域振興局の入り口を入ってすぐ左側には、県のPRブースが設けられています。
このブースで、2月は三条テクノスクール工業デザイン科の訓練作品展示を行っています。

新型コロナウイルスにより、オンライン会議やオンラインによる会社見学・就職面接試験
等が行われる中、そのオンライン接続時の背景として、自分たちの作品が展示できる
専用の背景ボードを提案し、その試作品を展示してあります。

また、例年ならば外部講師に来校いただいて実施するデザインワークショップについても、
今年度はオンライン講義にて行い、各訓練生のプレゼンテーションもオンラインで実施する
という形で行われた、クロックデザインの作品についても展示してあります。

三条テクノスクールに興味を持っていただけましたら、ぜひ、見学にお越しください!!
カテゴリ:施設内訓練

鍛造技能体験訓練・三条鍛冶道場

2020.12.18
三条地域に古くから伝承されている鍛冶の技術と歴史を学びに、
工業デザイン科1年生8名で「三条鍛冶道場」さんに行ってきました。
今回の製作テーマは「ペーパーナイフ」です。


鍛造加工は、高温に加熱した鉄材をハンマーなどで叩いて成形する技術です。
真っ赤に熱せられた鉄材を叩くことは、全員初めてなのでちょっと緊張気味です。


指導員の方々のお陰で少しずつコツがつかめ、徐々にナイフらしくなってきます。


工業デザイン科では扱いなれていない「鉄」ですが、今回の経験で身近に感じることができたと思います。
今後の工業デザインの課題にも活かせる貴重な体験訓練になりました!


カテゴリ:工業デザイン科

高度化対応特別技術指導(クロックデザイン)/工業デザイン科

2020.12.15
工業デザイン科では、12月15日に高度化対応特別技術指導訓練(クロックデザイン)を実施しました。
デザイナーの山本講師の事務所(東京都)と三条テクノスクールをオンライン通信でつなぎ、講義や実習、プレゼンテーションの授業を行いました。




課題のテーマは、「クロックデザイン」です。
自分にとって見やすいバランスの取れた文字盤を構成することを目標として、訓練生がデザインを検討しました。
2時間という短い時間でしたが、各自が課題クリアに向けて頑張っていました。
デザインが決まったら、山本先生とオンラインでプレゼンです。






各自がデザインした文字盤について山本先生からアドバイスなど講評をいただくと同時に、オリジナルクロックの課題作成が提示されました。
作成期間は1か月で、1か月後には再び山本先生とつないで完成プレゼンを行います。
今回のアドバイスを生かしてモデルとプレゼンが満足できるように頑張って欲しいと思います。
ページトップへ