三条テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ
三条テクノスクール > 溶接科(②期 8月生募集)

溶接科(②期 8月生募集)

  • 6ヶ月
  • 15名
手に職をつけ、溶接を生涯の仕事としませんか!
県央・中越地域の製造業では溶接で作られる様々の製品があり、溶接技術者が活躍できる職場が多いため、就職に有利です。団塊世代の退職が急増する中で、溶接技術者の募集が増加しています。今年度より、研磨とプレス作業も習得します。基本から始めますので、女性や初心者の方も安心して受講できます。・・・今が受講のチャンスです。
訓練期間:
平成30年8月22日~平成31年1月25日
訓練場所:
三条テクノスクール
応募〆切:
平成30年7月25日〆切迫る!!
主な対象者:
離職者の方
    • 目指す職業
    • 溶接工
    • 製缶工
    • 研磨工
    • プレス工
    • 目標とする資格・検定
    • 【検定】JIS溶接技能者評価試験
    • 【技能講習】ガス溶接
    • 【特別教育】アーク溶接等、自由研削といし、
    •       産業用ロボットの教示等、プレス作業
コースのポイント
  • ガス溶接実習
    アセチレンガスと酸素の炎は、約3,300℃の高温となり、1,500℃で溶ける鉄など、金属の溶接・切断(溶断)に用いられる。
    この装置は、取り扱いを誤ると火災・爆発などの重大な災害が生じるため、十分な知識と能力(ガス溶接技能講習修了証)が必要です。
  • タングステンを電極とし、アルゴンガス等をシールドガスとして用います。ステンレスやアルミニウム等の非鉄金属の溶接に適しています。
    スパッタや煙の発生が無く、クリーンで仕上がりが良好な溶接ができます。
  • 半自動溶接実習
    シールドガスに炭酸ガスを用い、長い溶接線を休みなく高速度で溶接できる溶接ワイヤを送給し、溶接トーチは手で動かします。アークの温度は約6,000℃に達し、効率の良い溶接が可能です。
パンフレット・コースへの申込方法
溶接科募集パンフレット
ページトップへ