魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

金属管工事実習

2020.11.09
今回は工場など機械的衝撃を受ける受ける場所などに使われる金属管による施工実習を紹介します。

2種類の太さの金属管(E19、E25)を成形しながら配管します。

金属管成形には切断、バリ取り、曲げの中で、特に曲げが難しく
きれいにゆがみ、ねじれを少なく曲げながら、指示どおりに配管する技能が要求されます。
従って、何度も繰り返しながら技能を習得します。



みんな初心者です。
練習する中で、徐々にできるようになっていきます。
カテゴリ:電気施設科

週刊左官科第23号 模擬家屋作成その7

2020.11.06
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週は左官の伝統工法の一つであるなまこ壁を作成しました。
なまこ壁とは土蔵などでよく見かけられ、防火性・保温性に優れた外壁の工法になります。
まず初めにどのようになまこ壁を仕上げるか、木板に書いていきます。
ここでなまこの間隔や大きさをしっかりと書いておかないと後々の作業に影響してしまいます。


書き終わったら壁下地に転写していきます。
線がずれないよう確認しながら書いていきます。


書き終わったらいよいよなまこの部分を塗って仕上げていきます。
一気に形にしてしまうとひび割れや剥がれてしまう恐れがあるので下塗り、上塗りの順にゆっくりと仕上げていきます。
線からはみ出さないように慎重にかつ丁寧に仕上げていきます。




完成したものがこちらです!
  ↓↓↓


なまこ壁というのは白い部分が丸まっており、盛り上がった形が海の生き物「なまこ」に似ていることからなまこ壁と呼ばれるようになったそうです。
今回は一面だけの仕上げでしたが、しっかりと覚えておきたいと思います。
カテゴリ:エクステリア左官科

週刊左官科第22号 タイル張り作業

2020.10.30
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週はタイルを使ってタイル張り作業を行いました。
お風呂場や一部の外装としてタイルは使われています。今回はタイルの張り方を紹介していきたいと思います。

まず初めにどんなタイルを張るのか、タイルを張る間隔を墨つぼ・墨さしを使って墨出しをしていきます。
その後、セメントモルタルに接着剤を混ぜたもので下塗りをしていきます。


塗り終わったらタイルを張っていきます。
下塗りの厚みが均一でないとタイルが張り付かなかったり、剥がれてしまうのでしっかりとたたき板と呼ばれる道具を使ってタイルが動かないようにしていきます。




全てのタイルが張り終わった後、目地を埋めていきます。
一つ一つ目地を埋めていくのは大変なので、ここでは目地材をタイル全体に塗って目地を埋めていきます。




後は目地棒を使って目地を整え、スポンジでタイル全体を拭き取ったら完成です。
中々きれいに仕上げられたのではないかと思います。


カテゴリ:エクステリア左官科

見学会(10月24日)を開催しました!

2020.10.27
10月24日(土)体験・説明会を開催しました。
電気施設科に1名の方が参加してくださいました。
当校で実施している「電気施設科」の概要と授業体験をしていただきました。

【全体説明】



【実習場見学・体験】
電気施設科








魚沼テクノスクールでは、随時見学・説明会を実施しております!!(問い合わせください)
次回は11月14日(土)に開催します。(予約制です)
進路に迷っている方、ものづくりに興味のある方はぜひ魚沼テクノスクールにお越しください。
お待ちしております!
カテゴリ:イベント

週刊左官科第21号 模擬家屋作成その6

2020.10.23
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週は左官仕上げの一つである「擬板仕上げ」を行いました。
まず初めにどのような木目にするか紙に下書きします。


下書きを終えたら、材料を練って平らに塗り付け、下絵を参考に擬板を仕上げていきます。
千枚通しや細い針のような道具で削りながら書いていきます。






様々な擬板を仕上げることができました。
一人一人味のある擬板になったと思います。
次回はタイル張りについて紹介していきたいと思います。


カテゴリ:エクステリア左官科
ページトップへ