魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

工場配線工事

2021.02.01
工場配線工事は力のかかる場所のため配線を守るために金属管工事で施工します。
金属管で配管後、電線を通し、コンセントを設置します。

図面とおり金属管を曲げ天井に配管していきます。


分岐部分の電線の結線後、絶縁処理をします。


分電盤の配線(100V)


分電盤の配線(200V)


最期に絶縁抵抗試験と導通試験の合格で工事完了です。

興味を持った方は施設見学を
まずはお電話ください
TEL 025-794-2410
カテゴリ:電気施設科

週刊左官科第34号 造形作業その1

2021.01.29
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週から技能検定練習と並行して造形の授業が始まりました。
春先に造形で作成する下絵を書きましたが、今回は下絵を見て油土と呼ばれる粘土を使って原型を作成していきます。
ちなみに造形作業の手順は下の写真の通りです。
↓↓↓


では、原型を作成していきます。
まず初めに木の板に下絵を転写していきます。
転写が終わったら、油土を使って書いた線に合わせて原型を作っていきます。
ここから影の表現や盛り上げる部分などを油土を使って表現していきます。







中々油土が固く最初は思うように表現することが難しかったですが、木のへらなどを使って細かく表現していきました。






原型が完成しました。
この他にもう一つ原型を作成して次の母型作業に入っていきたいと思います。
今週はここまで!
カテゴリ:エクステリア左官科

木造建築科2年内装工事

2021.01.28

木造建築科2年です。
実習家屋での実習も最後となりました。
今度は、高度化対応訓練で内装工事を行います。
石膏ボードの張り具合で仕上がりが大きく左右されます。

まずは丁寧に天井、壁の凹凸をなくすよう、講師の先生の指示のもと、パテを塗ります。
乾いたら、ペーパーで均します。荒パテ、仕上げパテと順序良く作業を行います。







いよいよ壁紙を張ります。まずは天井からです。
上を向いての作業で大変でした。







次に壁を仕上げます。
部屋の角の部分、継ぎ目の部分が難しいです。







各部屋ごとで記念撮影です。
出来栄えはどうでしょうか?









講師の先生からも大変良い出来だと高評価をいただきました。
4月から現場です。この経験を活かし、良い住まいづくりに貢献したいと思います。
来週から技能照査(修了試験)が始まります。
木造建築科2年生は最後の仕上げです。
就職もほぼ全員が決まり修了、就職の準備に入ります。








カテゴリ:木造建築科

住宅配線工事

2021.01.24
住宅配線工事のメインは屋内配線工事となります。
屋内配線工事とは、建物内に電気を届けるためにケーブルを配線し、建物内の照明やコンセントなどが使える状態にする工事です。

天井配線 普段は見えない部分です。



テレビ用同軸ケーブル配線 アンテナからテレビへ地上波を届けます。



分電盤内の配線 電線はここから各部屋の照明やスイッチ、コンセントに配線されます。




ここでは実践で住宅配線の施工方法を学べます。
興味をもった方は施設見学を
まずはお電話ください
TEL 025-794-2410
カテゴリ:電気施設科

在職者訓練「JW CADによる建築製図・電気設備設計」

2021.01.20
令和3年1月9日(土)・16日(土)

魚沼テクノスクールで『JW CADによる建築製図1』『JW CADによる電気設備設計1』を実施しました。

今回は建築製図と電気設備設計の2コースが実施され、JW CADの基本操作から基本的な図面・盤図の描き方などについて授業がおこなわれました。
多くの方にご参加いただき、初めての方も2日目にはスムーズに操作ができるようになりました。

『JW CADによる建築製図』の様子






『JW CADによる電気設備設計』の様子






次回の在職者訓練のご案内です。
2月6日(土)、2月13日(土)の2日間
『JW CADによる建築製図2(断面図・立面図の作成』
『JW CADによる電気設備設計(盤図・設計図の作成』
を実施します。
CADに興味のある方、今後の業務のスキルアップを目指したい方がいましたら、ぜひ連絡してください!
お待ちしております。
カテゴリ:施設内訓練
ページトップへ