魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

令和元年度 事務養成科2期入校式の様子

2019.10.15
令和元年10月11日(金)

魚沼サンティックスクールにて、「事務養成科2期」の入校式が行われました。

魚沼テクノスクール村田校長より式辞があり、3ヶ月間の訓練が
始まりました。

村田校長からは、①短期間で達成できる目標を持って臨み、達成感や
満足感を得ることによって自信を持って進めてほしいこと、②素直な
気持ちで受講し、先生や講師の話を最後まで聞くことで新たな知識を得る
チャンスを逃さないでほしいこと、③よいクラスづくりをすることで
協調性やお互いを尊重しあい、学びの効果を高めてほしい、との言葉が
ありました。

人手不足とはいえ、事務系の就職は大変厳しい状況ですが、ここで
パソコンをしっかり学ぶとともに、コミュニケーション技法など、
実践的な知識や技能の習得に努めていただき、より良い就職に結び
つけていただくよう願っています。


3ヶ月間になりますが、体調管理に気を付けていただき、最後まで
頑張ってください。


カテゴリ:委託訓練

オープンキャンパス(10月12日)が開催されました

2019.10.12
10月12日(土)、魚沼テクノスクールにて6回目のオープンキャンパスを行いました。
当校で行っている「電気施設科」、「木造建築科」、「エクステリア左官科」の実習内容や各科のワークトライアル(仕事体験)を体験してもらいました。



【実習場見学・体験授業】












次回は11月16日(土)午後1時からオープンキャンパスを開催します。ご興味のある方、ぜひご参加下さい!!
★オープンキャンパスの日程等はこちらから ”ここをクリック”
現在、魚沼テクノスクールの一般選考も受付しております。魚沼テクノスクールを検討されている方はぜひ応募お待ちしております。
★募集要項等申し込み方法はこちらから ”ここをクリック”
★エクステリア左官科募集要項はこちらから ”ここをクリック”
カテゴリ:オープンキャンパス

左官科訓練第27号 型枠組立作業

2019.10.11
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週は前回の型枠作業の続きになります。
前回は梁の部分の型枠を作成しましたが、今回は柱の部分の型枠作成と組立を行っていきます。

まずは柱の型枠を作るためにコンパネに釘を打って形を作っていきます。


柱の型枠が完成したらいよいよ組立になります。
組み立てる前に床の水平をとる必要があるので、柱の型枠を設置するための台を作成します。
今回は2つの柱を設置するので、台も2つ作成します。


台を設置したら作成した型枠を組んでいきます。
そのまま組んで釘で固定しますが、型枠の寸法がずれたり、外れるのを防ぐためにセパレーターとフォーム帯と呼ばれる
道具を使って固定していきます。




無事に柱部分の型枠を組み立てることができました。
後はもう一つの柱を組み立てて、梁部分の型枠を収めていきます。
今週はここまで。


カテゴリ:エクステリア左官科

令和元年度事務応用科1期 修了式の様子

2019.10.09
令和元年10月7日(月)

魚沼サンティックスクールにて、「事務応用科1期」の修了式が
行われました。

魚沼テクノスクール村田校長より修了証書の授与と式辞があり、
4ヶ月間の訓練が修了を迎えました。

村田校長からは、修了されてからも新たな目標を立て、学ぶ姿勢を
忘れないこと、上司や先輩の話をよく聞き、報・連・相をきちんと
やってほしいこと、、そして縁があって一緒に学んだ仲間を大切に
してほしいとの祝辞がありました。

パソコン操作、処理技能の習得そして資格取得、またビジネスマナー
やコミュニケーションスキルの向上などや皆さんが一生懸命に励まれ
有意義な時間、充実した時間を過ごされたことと思います。

この経験を活かし、今後の就職活動にも自信を持って臨み、次の目標
に向かって頑張っていただきたいと思います。

寒暖差が激しいですが、体調管理に気を付けていただき、皆さんの
今後の活躍を期待しております。

大変お疲れ様でした。


カテゴリ:委託訓練

左官科訓練第26号 型枠準備

2019.10.04
こんにちは、エクステリア左官科です。
今週は型枠組立の準備を行いました。
型枠とは建物の基礎やコンクリートで作られている柱や梁を作るのに使うものになります。
今回は柱を2本立てて梁をかけたものを作成していきます。

まずは型枠に使うコンパネを既定の寸法に加工していきます。


続いてコンパネを立てるために木材を加工して打ち付けていきます。


また、コンパネを固定するためにセパレーターという道具を通すための穴をあけていきます。
これがずれてしまうとセパレーターがうまく入らないのでずれないよう慎重に穴をあけていきます。


今週はここまでになります。
また次週紹介していきたいと思います。


カテゴリ:エクステリア左官科
ページトップへ