魚沼テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

魚沼テクノスクールブログ

目標達成へ向けた4ヶ月間の訓練が始まりました!(委託先より)

2018.04.24
「事務応用科1期」は、パソコンスキルはもちろんのこと、簿記の知識、ビジネスマナー、コミュニケーションなど、社会人として必要なスキルを着実に身に付け、再就職を目指す4ヶ月間の職業訓練です。
幅広い年代の訓練生14名が早期就職を目指し、入校しました。

入校式では、新潟県立魚沼テクノスクール  和須津 和一九 校長より、この訓練期間で目標を達成するために必要なこととして、「①短期間で達成できる目標を掲げ達成感を積み重ねる」「②“知っているから…”と聞き流さず、新たな学びがあると捉え素直に学習する」「③訓練生同士が協力しあい、良いクラス環境づくりを行うこと」とお話し頂きました。
その後、早速『社会人(ビジネスマン)としての目標)』、『就職に向けた目標』を各訓練生が設定し、その目標達成のために訓練期間を通してどのように行動していくかについて検討し、目標管理シートに記入しました。今後はこの目標に対する自分自身の取り組み・達成度を1ヶ月毎に振り返り、訓練修了時には目標が達成できるように進めていきます。
入校当初の目標達成に向けて、これから4ヶ月間、講師・スタッフ一同、全力でサポートしていきます!


カテゴリ:委託訓練

H30年度総合建設科 募集開始しました。(訓練先様より)

2018.04.23
南魚沼市の魚沼サンティックスクールです。
公共職業訓練『総合建設科』を7月3日~9月27日までの3か月間予定しています。

☆総合建設科修了生の声☆
・CADを学びたくて入校しましたが、土木に関する勉強や実習で、図面を描くための多くの知識を得ることができたことは、とてもよかったです。
・前半、中盤、後半でカリキュラムの内容が区切られていて、それぞれその期間のうちに集中して勉強という形だったので、資格や実習でやった内容はかなり覚えているし身についたように感じる。
・建設業への転職に自信がなかったのですが、資格や知識ももちろんのこと、忘れてしまっていた事や気持ちを思い出せました。学校という環境で、3ヵ月という時間を使い自分の人生の棚卸をさせていただきました。
・私の人生において非常に勉強になった3ヵ月でした。ありがとうございました。

上記のような嬉しい言葉や意欲的な意見も多くいただいております。
訓練内容に関して、興味を持っていただいた方は魚沼サンティックスクールHPをご覧ください。施設見学等を希望の方はご連絡下さい。

          魚沼サンティックスクール(南魚沼市西泉田48-1)
          http://www.suntic.sakura.ne.jp/training.html 
          TEL:025-772-4554

カテゴリ:委託訓練

木造建築科1年生 今週の様子です。

2018.04.22
今週は、大工道具であるカンナの手入れに入りました。カンナ刃の裏押しや研ぎ作業、そして台直しを行いました。皆先にやったノミの手入れに比べると、なかなか難しいということを知った様子でしたが、黙々とがんばっていました。やってみると、うまくいったり、いかなかったりですが、地道に練習と経験を積み重ねていくのみですね。






カテゴリ:木造建築科

電気施設科の訓練状況(2週目)

2018.04.20
午前の学科では考えて描くを実施しました。まずは高圧受電設備のスケルトン描くです。見ないで書けるように練習します。次に住宅スペースにキッチンやトイレ、浴室等を割り当て壁や柱を描くです。電気図面を描くための住宅図面になります。




午後の実技では、電線同士の接続である直線接続、分岐接続、終端接続を実施しました。
リングスリーブによる終端接続では、絶縁テープによる絶縁処理を実施しました。




週番の一言
ナイフによる電線むきがスムーズにできるようになり、接続もきれいに仕上げることができるようになったので、とても楽しいです。
これから覚えることがたくさんあるので、気を引き締めて頑張りたい。(飯酒盃より)
カテゴリ:電気施設科

木造建築科2年 就職活動対策講座1日目!

2018.04.19
本日、木造建築科2年は就職活動に向け対策講座を受講中です。
1日目は、第一印象を向上するため挨拶の仕方や就職活動の流れ
履歴書の書き方など基本的なことを学びました。
緊張や照れくささもありましたが、笑顔で楽しく学んでいたので有意義な講座になったと思います。






受講後の反省
講義の終盤に集中力が切れてしまったが、仲間のフォローもあり楽しく受講できた。
2回目もあるので、自分のために気を引き締めて頑張りたい。(karia)

カテゴリ:木造建築科
ページトップへ