新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

カテゴリ:メカニカルベーシックコース

訓練用の教科書です! 【メカニカルベーシックコース】

2020.10.30
メカニカルベーシックコースの訓練では、最新型のコンピュータ制御工作機械のマシニングセンターやNC旋盤、ほかにもの機械製造業において必要な基礎知識や技能を習得すために、写真のような様々なテキストを使用して訓練を行っています。
紹介しているテキストはほんの一部で、他にも測定実習、製図、3次元CADなどのテキストも参考にして訓練を行っています。
実技の訓練では、工作機械の操作や図面から加工プログラムの作成をし、実際に金属の加工も行います。



カテゴリ:メカニカルベーシックコース

メカニカルベーシックコース②受講生追加募集中です!

2020.10.16


メカニカルベーシックコース②募集リーフレットはこちら

新潟テクノスクールでは、下記の日程にて訓練コース説明会を開催しています。
興味のある方は、ぜひご参加ください。
 
 日にち 10月22日(木)、23日(金)  
 時 間 午前10:00~11:00  午後13:30~14:30

※予約は不要です、時間内であれば自由に参加できます。
※訓練施設の見学も実施しています。

◆本校ではコロナ感染拡大防止のため、事前にご自身で検温の上、マスクの着用をお願いしています。
 尚、体温が37.5℃以上の方は体調を優先していただき、次回のご参加をお待ちしております。


カテゴリ:メカニカルベーシックコース

三次元測定機の実習【メカニカルベーシックコース】

2020.10.12
メカニカルベーシックコースの訓練では、三次元測定機を使った測定の実習を行っています。
部品の形状をデータ上で立体的にとらえて様々な測定をおこなうのが三次元測定機です。
三次元測定機による測定点の情報は、三次元の座標(X、Y、Z)として記録されます。
その座標情報を組み合わせることにより、二次元または三次元の幾何学要素を作成します。
・二次元の幾何学要素:線、面、円、点など
・三次元の幾何学要素:球、円筒、円錐など
これらの要素の組み合わせにより、寸法や公差などを測定します。



カテゴリ:メカニカルベーシックコース

マシニングセンターの加工実習【メカニカルベーシックコース】

2020.10.02
メカニカルベーシックコースのマシニングセンターの加工実習を紹介します。
訓練用に作成された図面を使って、実習を進めていきます。

●実習の手順は次の通りです。●
①図面に合わせた、加工のプログラムを作成する。
②マシニングセンターにプログラムを入力して、プログラムが正しいのか刃物の動きを確認する。
③実際に金属を加工する。

訓練の様子を見てみましょう!

◆実習用の図面です◆



◆プログラム作成のための授業です◆



◆マシニングセンターで加工の確認作業です◆



◆実際に加工した金属です◆



訓練生は未経験の方ばかりですが、熟練の講師が丁寧に指導をします。
訓練を受講していくことで、工作機械の操作手順や加工の仕方などを習得していきます。
知識や技能を習得して、柔軟な技術者を目指すコースです。
ものづくりに興味のある方は、ぜひ訓練を受講して、ものづくりの現場に就職をしてみませんか!
コース説明会も開催しています、参加お待ちしています。


カテゴリ:メカニカルベーシックコース

3Dプリンターで作りました!【メカニカルベーシックコース】

2020.09.25
メカニカルベーシックコースには、3次元CADで作成したデータを使用して、3Dプリンターで立体モデルの造形をする訓練があります。
製品の試作品を作成するような仕事の体験ができます。

今回は仕事上よく使用する印鑑を押すときに便利な、印鑑定規を作成して見ました!
なかなかまっすぐに押せない時がありますが、印鑑定規に沿って印鑑を押せば、とってもきれいに曲がらずに押すことができます。
印鑑がぶれて押しなおす事がないので、すっごーく仕事がはかどり&経費削減(ほんの少しですが)にもつながります。

印鑑定規にはいろいろな形があり、インターネット上にある形を参考に作成してみました。
今回作成した印鑑定規で印鑑を押してみました、きれいに押せました!





カテゴリ:メカニカルベーシックコース
ページトップへ