新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

ビル設備管理科 ビル建築物における給水方法

2020.08.25
テクノスクールをはじめとしたビル建築物では、日ごろから多くの人が出入りし、施設を利用・使用しています。
中でも、水回りの設備については蛇口をひねれば(最近はセンサー式やシングルレバー式が増えましたが…)飲料水が出るし、トイレを利用すれば自動で水が流れたりと、皆さんは当たり前のように使うことができると思います。

しかし、この『当たり前』を実現するには、計画的でしっかりした保守管理ができていてこそ可能なのです。
今回はビル建築物における「飲料水」の供給の要である『貯水槽』についてご紹介します。





上の写真の一枚目が建物内に設置された、水道局から送られた飲料水を貯めておく『貯水槽』と呼ばれる設備です。
ここから写真二枚目のポンプを利用して屋上に設置された『高置水槽』へと水を押し上げ、重力の力で施設全体に飲料水を分配しています。


一般家庭では、水道局の水道本管より直接分配された飲料水を利用しているのでこのような設備は不要ですが、ビル建築物などでは大量に高層階まで飲料水を送らなければならないため、この方式を用いることが多いです。

しかし、貯水槽方式の場合、一般家庭のように水道局本管からの水を直接ではなく、一度貯水槽に貯めるという性質上、飲料水の品質保証ができません。
そのため、定期的に水質検査や水槽内の清掃を行うなどさまざまな項目をクリアしなければいけないという義務が生じます。
設備コストだけでなく、維持管理にも莫大な費用がかかってきます。


決して目立つ仕事ではありませんが、見えないところで誰かが管理しているから、施設で安全な飲料水を『当たり前に』飲むことができるのです。
カテゴリ:ビル設備管理科

機械加工練習中!【精密機械加工科1年生 A】

2020.08.24
精密機械加工科1年生のAです!
夏休みが明けた最初の訓練の様子を紹介します!

長い休みが明け、私たちは旋盤の訓練に入りました。
先週は材料を回転の中心に合わせて取り付ける「心出し」という作業を訓練しました。

難しく感じましたが、時間を計測しながら練習を重ねていると、時間が短くなっているのが実感できました!





カテゴリ:精密機械加工科1年

シリンダヘッド脱着・OH

2020.08.22
夏季休暇も終わり、17日から稼働しています。
例年、8月は終日オール実習を実施し、手間のかかる作業を実施します。
2年生は、実習車両を使用し【シリンダヘッドの脱着・OH】をやっています。


2人で1台を使用し、実践的に作業を進めます。1年次に教材用のベンチエンジンで経験していますが、実車となると手順も作業性もかなり難易度が増します。それでも試行錯誤しながら、なんとか脱着・OHをおこないました。
一連の作業で、補機ベルトの調整・タイミングベルト交換・シリンダヘッド脱着・バルブクリアランス調整などエンジンの整備に必要な要素がたくさん出てきます。
1年次に自らまとめた実習レポートを参考にしながら作業を進めました。
カテゴリ:自動車整備科2年

機械加工がんばってます!Vol.2【精密機械加工科2年】

2020.08.21
こんにちは!精密機械加工科2年のK.Kです。
今日は、初めてNC旋盤で加工物をつかむための爪を付ける作業や材料の取り付け、原点の設定を行いました。
これは、刃物の長さを設定している写真です。


こちらは、加工物をかるく削っている時の写真です。


カテゴリ:精密機械加工科2年

追加募集いたします!

2020.08.21
土木・建設基礎コース、追加募集いたします。

締切りは9月2日(水)となっております。

期間は短いですが、是非ご検討を!

ご不明な点はお問い合わせください!

個別に対応いたします。

追加募集リーフオモテ




追加募集リーフうら

土木・建設基礎コースのリーフレットは

こちらです。
カテゴリ:土木・建設基礎コース
ページトップへ