新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

ビル設備管理科 訓練開始から1ヵ月経ちました。

2021.05.20
こんにちは 
ブログ投稿の1班です。
5月連休が終わり、訓練開始から一ヶ月経った今週は、就職準備講習がありました。


これから迎える就職に向けて必要な履歴書や職務経歴書、添え状の書き方を勉強し、そして就職に対し協力企業様へのアプローチとして短期過程の私たちの求職票を記入し、提出しました。
良い就職につながります様に。


ボイラー実技講習の受講票を受け取りました。
これは、ボイラー試験が合格となっても免許交付要件のひとつに位置付けられる講習です。
普通なかなかボイラーを取り扱う経験がない中での講習受講は有難いと思います。
ただ、第2種電気工事士の筆記試験後なのでいささか疲れ気味の状態でないかと心配です。


電気工事士の実技対策で今まで旧型用具で勉強してきましたが、今週新たな用具『VVFストリッパ-』が配布されました。
この用具は、電気の通り道となるケーブルの外側にある感電を守る絶縁体を剝ぎ取る為の用具です。


旧型では2本芯線対応でしたが3本芯線対応となりました。
今まで工夫して芯線を剝ぎ取っていましたがこれで時間短縮となります。


また、新たな機能として5cm刻みで測れるスケールが印刷されています。
これで、物差しを使用せずに持っている用具でできるので楽になりました。
ここでは主に外側の絶縁体部分を用途により測りながら剝ぎ取る際に利用できます。


これは、もう一つ印刷されている機能として1mm刻みで測れます。
ここではコンセントやスイッチ等に接続する際に利用できます。


これは、初めて電気工事士を目指す私たちにとって望みが叶った機能です。
旧型を初めて使用していた時、芯線まで切り過ぎてよく失敗していましたがこの機能により失敗を気にせず力を入れられます。


防錆・潤滑油で手入れして、後に続く未来の電気工事士の為に大事に使おうと思います。


カテゴリ:ビル設備管理科

送電線・配電線調査

2021.05.15


新潟駅から長潟まで通り沿いは配電線が地中埋設になっています。
皆が見ているのは変圧器塔と呼ばれる設備です↓。


テクノスクールを出発し、新潟バイパス弁天インターを潜って長潟から右折してビックスワンまでを調査しました。
片道約1時間の行程です!




ビックスワンで休憩を取り、来た道を帰りながらテクノスクールまで調査を続けました!


カテゴリ:電気システム科2年

ケーブル配線②

2021.05.15
入校して1ヶ月が経ち、学校生活にも段々慣れてきました。今週は課題2をやりました。


最初に単線図から複線図になおします。
複線図を書いたら配線を間違えないように、色分けと組み分けをします。


上の画像は完成したものです。通電しているかチェックし、ちゃんとできていたのでよかったです。
次の課題は今回よりも早く綺麗にできるように頑張りたいです!

カテゴリ:電気システム科1年

自動車整備科2年訓練状況④

2021.05.15
前回に続き、ジーゼルエンジンの実習状況です。
基本的な構造と整備法を学んだあとに、インジェクションノズルの噴霧状態の確認および
噴射開始圧力の調整しました。
ジーゼルエンジンは、燃焼室で高圧の燃料が噴霧され燃焼します。
この調整がしっかりとできていないと、エンジンの調子が悪くなります。
訓練生は真剣な顔付でがんばっております。






カテゴリ:自動車整備科2年

メカニカルベーシックコース開講しました!

2021.05.14
メカニカルベーシックコース開講しました!
5月7日(金)に入校式を迎えました。
今回の訓練受講生は求職者5名と受託生(在職の方)4名の合計9名でのスタートです。




入校してから1週間がたちました。
今は学科の授業を中心に訓練を受けています。



カテゴリ:メカニカルベーシックコース
ページトップへ