新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

第一種電気工事士技能試験候補問題No3完成まで(12/12)

2021.01.05
アウトレットボックスによりケーブルを損傷しないようゴムブッシングをはめていきます。
ゴムブッシングに表裏はありません。外れることがないよう着実にはめ込みします。


最後に、リングスリーブ、差込コネクタを使用してケーブル同士の接続をして完成です。
リングスリーブの先端から5mm以上心線が突き出ていると欠陥となるので、最後に切り落とすことを忘れないようにします。








以上で完成です。

今回紹介した一連の流れは、初めてご覧になる方には難しかったと思います。

私たち訓練生も当初はとても苦労しましたが、テクノスクールでの訓練の中で、
一連の作業をスムーズに行えるようになりました。

電気工事の仕事に興味がある方がいらっしゃいましたら、新潟テクノスクールで学んでみませんか?


最後に、ブログの中では触れなかった欠陥基準もありますので、
電気工事士技能試験の受験を考えている方は一般財団法人電気技術者試験センターの欠陥の判断基準を御覧ください。


カテゴリ:電気システム科2年

新年4日目【精密機械加工科1、2年合同】

2021.01.04
今日は就職についてのお話です。
まず2年生ですが、昨年はコロナの影響で思うように就職活動ができず、内定をもらう時期が例年より少し遅くなりました。
今後は、就職先の企業で活躍できるよう、最後の技能向上に取り組んでいきます。



1年生はこれから就職活動に向け、本格的に動き出すことになります。
今までの先輩方の経験を活かし、希望の企業に就職できるよう頑張っていきます。
カテゴリ:精密機械加工科1年

第一種電気工事士技能試験候補問題No3完成まで(11/12)

2021.01.04
続いて、片切スイッチの施工です。





ケーブルの被覆剥ぎ取りの最後は、AのアウトレットボックスとBのジョイントボックス間の渡り線の施工になります。


全ての器具の接続が終わった状態です。


カテゴリ:電気システム科2年

【自動車】という工業製品を考えてみる ⑩

2021.01.03
④便利装備や安全装備が多くなり、また高性能化により車両価格が上昇した。

 一例を挙げます。バブル期に一世を風靡した「シルビア」当時の車両価格は、最高グレードのK‘sでも224万円でした。現在、シルビアと同等程度の車と言えば「86」でしょうか。同じく最高グレードで比較すると、約340万円です。当然、装備も異なりますが、似たような車が30年で約120万円も上昇(約1.5倍)しました。若者の年収は、この30年で1.5倍になったでしょうか?


いま巷では、「自動運転」という言葉が出始めてきました。
近い将来、実現するのは間違いないでしょうが、果たしてその自動車が人をワクワク・ドキドキさせてくれるのでしょうか?
車両価格は一体いくら?かっこいいのかな?運転免許いるのかな?
自動車の楽しみ方って、人それぞれですが、やっぱり外観でドキドキ!運転してワクワク!する車って素敵ですよね!
日進月歩で進化を続ける工業製品【自動車】 時代の変化とともに、その存在価値や意義も変化を続けるのでしょう。しかし、いつの時代も私たちを魅了するような工業製品であってほしいと願います。

全10回に渡り、筆者の独断と偏見で連載しました。
読んでくださった方、ありがとうございました。

↓ 東京モーターショー2019に展示していた McLaren570S 
  こんなスーパースポーツカーも自動運転になっちゃうんですかね…


カテゴリ:自動車整備科2年

新年3日目【精密機械加工科1、2年合同】

2021.01.03
本日は、1月から2月にかけて実施されるテストについてのお話です。
2年生は技能照査と呼ばれる、修了試験が行われます。
1年生は進級確認試験が行われます。

どちらの試験も、実技、学科の両方を行います。
実技は、1年生 旋盤(上の写真)  2年生 マシニングセンタ(下の写真)です。
学科は、工作法、測定、製図、材料、機械工学概論など広範囲からの出題です。
訓練の総まとめになりますので、気合を入れて臨みたいと思います!





カテゴリ:精密機械加工科1年
ページトップへ