新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

寄付していただきました!

2020.06.08
6月8日
UDトラックス新潟株式会社 様と 株式会社第四銀行 様が来校され寄付物品の贈呈式がおこなわれました。

今回、第四銀行 様の次世代支援活動である【みらい応援私募債】にご賛同いただいたUDトラックス新潟 様より車両用コンピューター外部診断機【DENSO DST-i 、 ノートPC】を寄付していただきました。




↑ UDトラックス新潟㈱ 代表取締役社長   宮原 彰 様(右) と 新潟テクノスクール校長(左)


校長室での歓談後、寄付していただいたコンピューター外部診断機が稼働している様子を見ていただきました。
外部診断機 自体は非常にコンパクトで使い勝手が良く、またPCと連携でき、機能が豊富なため、プロジェクターで大画面化して授業が展開できるので実習として大変使いやすいものです。


自動車の電子制御化が進み、現在は1台の車両に少なくとも約20個近くのコンピューターが搭載されています。整備工場でも、この外部診断機なしでは仕事になりません。
また、来年には【OBD車検】と言われ車検でも使われるようになります。

寄付していただいた機器をフル活用し、訓練生に知識・技能を習得してもらい優秀な人材を送り出せるようにしたいと思います。

UDトラックス新潟株式会社 様 、 株式会社第四銀行 様 
本当にありがとうございました!
カテゴリ:自動車整備科2年

安全帽について

2020.06.05
土木や建築、大きい小さいなどなど、建設現場は多々ありますが、
そこで作業する人たちを眺めると共通点に気づきます。

全員が安全帽を着用しています。

一般的にはヘルメットと呼ばれるものですが、建設業界においては安全帽、保安帽、
もしくは保護帽という呼び名がポピュラーかもしれません。


その名の通り、安全のための物、保護するための物として身につけるわけですが、
「労働安全衛生規則」により、「使用者は労働者に保護帽を着用させなければならない。
また労働者は、指示された場合に保護帽を着用しなければならない」と規定されています。

<飛来・落下物用>、<墜落時保護用>、<電気用>に分類、
さらに各作業ごとに細かく規定されており、
保護帽がなければ、作業はほぼ不可能と言えるでしょう。

また、その材質はABS製、PC製、PE製、そしてFRP製とがあり、
作業内容により向き不向きがあります。
FRP製は4~5年が耐用年数とされ、それ以外は2~3年で、
これを超えると交換しなければなりません。




経年劣化を想定したものだと思いますが、
使ってる間に性能は劣化してるよね、ということなのでしょう。
触ると新品でも5年経過した物でもたいした差は感じないと思いますし、
これから被っているだけでも暑苦しい季節になりますが、
いざ危険に直面したとき、命を救ってくれるのが、安全帽かもしれません。


カテゴリ:土木・建設基礎コース

ケガキ実習

2020.06.05
ケガキとは、製作図面に従って,工作物の表面に加工基準となる線や穴位置などを描く作業のことです。

本日は精密機械加工科1年生がケガキの実習を行いました。

初めて行う作業に戸惑いながらも、真剣に訓練に取り組んでいました。



ケガキと言っても、紙に線を引くわけではありません。

精密機械加工科では、鉄に線を引く作業があります。





目印の線を引いた後、穴加工をする前段階の加工を行います。
ケガキ線の交差した箇所に、とがった金属で跡をつけるという作業ですが、
狙った場所に打てず、苦戦している訓練生もいました。

この後は、跡を付けた場所にドリルで穴を空ける作業の訓練へと続きます。
カテゴリ:精密機械加工科1年

昇柱訓練(フルハーネス安全帯取扱)

2020.06.05
U字ロープを使って作業姿勢をとる


電柱に作業台を取り付ける


いよいよ電柱に昇る


電柱の上からの眺めは?


フルハーネス安全帯の取り扱い方法を学び、昇柱訓練を行いました。電柱に昇っている時、上の方に行くにつれて風などで揺れて怖かったです。揺れている中、電柱の上で作業台を取り付けることを考えると恐ろしいなと思いました。(注:訓練生は各自無理のない高さに昇りました。)
カテゴリ:電気システム科2年

旋盤作業がんばってます!

2020.06.04


技能検定の普通旋盤2級試験を目指し、1年生の頃から訓練を積み重ねてきましたが、コロナウイルス感染拡大防止のため、検定が中止になりました。非常に残念ですが、来年の受験に備え、日々あきらめず努力していきます。
カテゴリ:精密機械加工科2年
ページトップへ