新潟テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

新潟テクノスクールブログ

穴あけ加工

2020.06.15
前回の記事で「ケガキ」という作業を紹介しました。
今回はドリルを使用して、目印を付けた場所へ穴を開けます。



自分の付けた目印に、ドリルの先端が当たっているか、前からだけでなく、横からも見て確認します。
訓練生たちは真剣な表情で位置を確認していました。

狙った位置にドリルの先端が来れば準備完了です。
ボール盤という機械でドリルを回転させ、ゆっくりと下ろしていきます。

自分の手でドリルを下ろしているので、金属を削る音や振動、削れている感触を直接感じることができました。





狙った位置に穴が開いているでしょうか。

次回はドリルで開けた穴に、ネジの山を切っていきます。
カテゴリ:精密機械加工科1年

冷房使用開始!

2020.06.12
今週に入り、いよいよ梅雨の時期がやってきました。
連日の真夏日に加えて湿気、ジメジメして不快感を感じる方も多いと思います。

気温の上昇に伴い、当校の空調システムも暖房から冷房への切り替えを先日終えました。
新潟テクノスクールは建築基準法でいうところの”特定建築物”に該当します。
こうした建物では、空調はみなさんの家ではお馴染みのエアコンではなく大型の冷房設備が用いられ、これに必要不可欠なのが”冷却塔(クーリングタワー)”です。
※下の写真は冷却塔の外観及び内部の写真です。






冷却塔の中は外気に触れているため、冷房を使用する今の時期で水が張られている間は藻やレジオネラ菌の発生のリスクに晒されます。
藻やレジオネラ菌が発生すると空調を起動した際、施設の空気中に”エアロゾル(微粒子の状態で浮遊している)”という形で菌がばら撒かれることとなり、健康被害などの問題を生じる恐れがあります。

これを防ぐため、早速テクノの冷却塔の中にも薬剤を投与しました。
※青い虫かごのようなものが薬剤です。見えづらいですが、水中に設置しています。


カテゴリ:ビル設備管理科

メカニカルベーシックコース授業開始しました!

2020.06.12
メカニカルベーシックコース開講!
5月21日より通常の授業を開始しました。
3週間がたち、学科・実習の色々な授業を受講しています。
求職者と在職者の12名で訓練を受けています。
訓練生の授業風景を紹介します。

①5月21日開講式の様子です。これから始まる訓練に向けみんな緊張しているようです。




②学科の訓練風景です。
 マシニングセンターの加工プログラムを勉強しています。学科には聞きなれない言葉が多く、なかなか難しい授業が多いです。



③実習の訓練風景です。
 マシニングセンターという工作機械の操作を勉強中です。未経験者が多いので操作に慣れるまで大変です。



3か月の訓練で修了に近づくにつれ、1人で工作機械を操作し、加工がスムーズにできるようなります。
楽しみです。

カテゴリ:メカニカルベーシックコース

土木・建設基礎コースの募集が始まります!

2020.06.11
令和2年度 土木・建設基礎コースの募集が始まります!

建設業はご自身の「仕事の跡」が何年、何十年と残る業界です。
道路や橋、上下水道など生活に不可欠なものから、病院、学校、
商業ビルなど、生活を守り、豊かにするものまで、
その建設や維持に関わることでやりがいを感じながら、
現在働いている方は多いと思います。

R1年土木基礎の様子

同時に、高齢化等による人手不足が深刻な問題となっており、
若くてやる気のある新たな人材を常に求めているのが現状です。

そこで!!

土木・建設基礎コースで土木建設業に必要な基礎知識や技能を身に付け、
就職活動に役立ててみませんか?

R1年土木実習の様子

募集期間は6月22日(月)~8月20日(木)となっております。
土木建設業への就職をお考えの方は是非ご検討下さい。

R2年度土木・建設基礎コースはこちらです
カテゴリ:土木・建設基礎コース

技能検定フライス盤2級課題に挑戦中

2020.06.11
機械科の2年生ですが、只今、技能検定フライス盤2級課題にチャレンジしています。3級課題から大幅に難易度が上がりますが、何事も挑戦が大事なのです。たとえ、出来なくても、失敗しても、いずれ、やり遂げて見せます!


カテゴリ:精密機械加工科2年
ページトップへ