上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

2021年2月

大型自動車 特別講習会

2021.02.26
自動車整備科1年生では、『新潟日野自動車』さん協力のもと、大型自動車の技術講習会を行いました。
まずは座学でトラックの概要、スペック、安全支援システムなどを学びます。



つづいて現車の確認です。
当日は快晴だったこともあり、屋外でエンジンルームや足回り、排気ガス浄化装置などなど、大型車の特徴的な部分について説明を受けます。



教科書では解りにくいところも実車で見ると・・・
なによりも大きくてびっくりです。
普段乗れない運転席に乗らせてもらい、ご満悦の訓練生も・・・



普段の教材車では見ることができないところを、間近で見ることで理解が深まりました。
毎年この講習会で大型車に興味を持ち、就職先を決める訓練生もちらほらです。

カテゴリ:自動車整備科

メカトロニクス科2年生 3Dプリンターの作品⓸

2021.02.20
こんにちは!

メカトロニクス科2年生の3Dプリンター作品の4回目です。

今回は訓練生K君の作品を紹介します。

世界遺産にもなっている『ピザの斜塔』を再現しました。
角度も実物と同じ3.99°に傾けてあります。
『ピザの斜塔』とは(ウィキペディア(Wikipedia))


細部にもこだわってあり、段数や柱の感じなど本物とそっくり(ちょっと言いすぎですね(笑))です。
部品点数は8個です。総プリント時間は30時間程度の超大作です。
じっくりご覧ください!!


3D-CADで作ってあるデータ上はもっと高精度ですよ。
どうしても当校の3Dプリンターの性能の限界で粗く見える部分があります。

2年生は修了課題の作成の真っ最中です。
毎日忙しく、楽しく訓練していますよ。

また報告しますね!
カテゴリ:メカトロニクス科

メカトロニクス科2年生 3Dプリンターの作品③

2021.02.04
こんにちは!

メカトロニクス科2年生が3Dプリンターを使って
自由課題で作成している作品を紹介します。

今回は第3弾!

一つ目はS君が作成した風車です。



この風車は全部で7つの部品で作成されており、ちゃんと風車が回転するようにできています
色も使い分けて、素晴らしい完成度です!


次にU君の幾何学的な作品です


この作品はクオリティーにこだわって作成しておりまして
3Dプリンターの最高精度で作成しております。

キューブを積み重ねた形状が美しいですね

お二人とも楽しんで作成していました。
このお題は訓練生から大好評です(笑)

また紹介しますね
カテゴリ:メカトロニクス科

メカトロニクス科2年生 ソレノイドの作成②

2021.02.04
こんにちは!

メカトロニクス科2年生で作成しているソレノイドの作成の続報です。

前回は作動させることはできたのですが、思ったほどの力が出なかったので
再作成しました。

試作品2号はコイルを巻く素材をプラスチックに変更し3Dプリンターで自作しました。
また、中に入れるピンは磨いてあるものを購入しました。



前回の試作品がこれでした。
試作品2号の方が見た目はいいですね~




早速、電圧6Vで動かしてみました




!?
動くことは動くけど前回と大差なく………








12Vまで上げてみましたが、前回と同様もう少し力が欲しい状況です。
市販品に勝てない…

市販品は外形が大きく、小型化したかったのですが簡単にはいきませんでした。
今後、更に改善して自作するのか、市販品を使用するのか検討して修了課題を作成することになりそうです。

また報告しますね
カテゴリ:メカトロニクス科

建築設計(3次元CADで住宅設計の授業です)

2021.02.04
今年度の木造建築科の皆さんも、修了まで1か月余りとなりますが、現在、住宅設計の課題を3次元CADを使って行っています。
このCADは、建築設計事務所などでも使用されている、アーキトレンドという建築設計専用の3次元CADです。
とても操作性がよく、この日は2次元の図面を3次元に立体化させ、内外観パースやウォークスルーなど様々なプレゼンテーションを行いました。





この3次元CADは、まだ使いはじめですが、これから様々な機能を使ってより精度の高いプレゼンテーション図面を作成していきます。

また、木造住宅の建築実習では、開口部にあたる仕上げ材の加工練習を行っています。家づくりは楽しいですね。


カテゴリ:木造建築科
ページトップへ