上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

カテゴリ:木造建築科

名建築 小林古径邸 数寄屋建築の世界

2021.07.16
上越市高田城址公園内にある、小林古径記念美術館へ行きました。
この日の主な目的は、なんといっても数寄屋建築の近代化を図った 吉田五十八の設計による小林古径邸(東京からの移築)の見学です。


美術館員の方に解説をしていただきながら、住宅の全体から細部まで拝見させていただきました。
数寄屋建築ならではの「真・行・草」を表した様々な床柱や天井板をはじめ、随所に見る人を楽しませる造作を堪能することができました。
この住宅を建てた岡村棟梁をはじめ職人たちの卓越した技能も十二分に垣間見ることができました。


また、かやぶき屋根の民家を吉田五十八が改修設計したとされる画室を再建した建物も合わせて見学しました。
木造建築科の皆さんは、終始ため息をつきながら時間がたつのも忘れて見入っていました。
本当に良い建築は、時代が移り変わっても、使う人や訪れる人々を常に魅了する力を持っていることを、この見学を通して学べたようです。


カテゴリ:木造建築科

建築図面 設計製図 建築士対策

2021.07.12
住宅のプランを1から考え、これを図面化する。
例えば、過去の2級建築士設計製図試験課題をモチーフにした課題をこなす。



与えられた課題に対し、こうした作業を繰り返すことによって、プランニング→エスキス→製図(図面化)の力が付きます。


来年、建築士を受験し、学科試験に合格すれば、次の設計製図試験では、ここでの練習がきっと活きてくることでしょう。


将来、建築系の仕事を志す人、木造建築科で学びたい人が増えたらいいね。
カテゴリ:木造建築科

しほうころび(四方転び)の技で きゃたつ(脚立)をつくる

2021.07.06
今週は、「しほうころび」の技を使って、きゃたつ(脚立)を作りました。


しほうころび(四方転び)の技でつくった柱は、前と横に大きく広がるように傾くことで、脚立が倒れにくくなり安定します。
それぞれの足の断面がひし形になるため、実際に作る大きさの図面を描きました。


木材を加工して、組み上げます。


みな初めて作りましたが、実際に使えるもの(はじめの写真)が出来てほっとしています。


来週から、木の家づくりに入ります。大工さんになりたい人が増えるといいな。
カテゴリ:木造建築科

やさしい寄棟(よせむね)屋根の一部をつくる

2021.06.14
今週練習でつくった寄棟(よせむね)屋根は、屋根面が4方向に傾斜する形状をしたものです。
屋根の四隅(よすみ)に付ける隅木(すみぎ)の工作がポイントになります。
はじめに実際につくる大きさの図面を描いて理解を深めます。



また隅木(すみぎ)を支える部材である桁(けた)をノミで欠き込みます。


材料を加工後、組み立てます。
柱、梁などは垂直(直角)を確認し、隅木を取り付けます。


そして、垂木(たるき)を取り付け、寄棟屋根の骨組みができました。
課題は、隅木を簡易にしたものですが、さしがねの基本的な使い方が学べます。


カテゴリ:木造建築科

建築系CAD 基本から練習

2021.05.23
5月22日、建築系の企業で最も多く使用されているといわれる2次元CAD(Jw-cad)の講習を実施しました。



初回の内容は、CADの基本的なコマンド操作の習得です。
直線のひき方に始まり、様々な図形の編集を行いました。



受講された方、初めて使われる方が多い中、みなさん意欲的に作図されていました。
次回は、ちょっとした工作物の図面(平面図、立面図)の作図を課題として行う予定です。
カテゴリ:木造建築科
ページトップへ