上越テクノスクールは、新潟県が設置する職業能力開発校です。
メインメニューをとばして、このページの本文へ メインメニューをとばして、サブメニューへ

上越テクノスクールブログ

エンジン分解

2021.09.17
自動車整備科一年生です。
夏休み後から本格的な実習に入り、今回はエンジンの分解、測定、組み立てです。
4気筒ガソリンエンジン(もちろんエンジンかかります)を3人で分解します。
まずはトランスミッションから外していきます。



カムシャフト、シリンダーヘッド、バルブなどの部品を注意して外していきます。




部品によっては位置や方向が決まっていて、書き留めたり、写真を撮りながら外していきます。
「へーこんなになっているんだ」「おー、ボルトやナットが出るわ、出るわ」「分らなくなりそう」いろんな声が出ます。



やっぱりかんじんな測定です。
摩耗の判定やバルブクリアランスの調整など、今までやった実習が役に立ちます。




組み立てが終わって、自動車のエンジンはいろんな部品の組み合わせや、電気の配線が多くちょっとでも間違うとエンジンがかからなかったり、調子が悪かったり、大変でした。
でも、エンジンがかかった時は \(^o^)/
自動車整備、面白くなってきたぞ!!

カテゴリ:自動車整備科

木造住宅の生産性向上セミナー9/15に実施

2021.09.16
在職者の方を対象に、木造建築の生産性向上に係るセミナーを上越テクノスクールで実施しました。
講師には、佐藤高志さん(株式会社サトウ工務店(三条市))に担当いただきました。
佐藤さんは、近年、自社の建築現場の働き方改革、生産性向上、住宅性能向上、地域材使用等を合わせて取り組まれており、今回その取り組みについてお話しいただきました。


この日参加いただいた方は、主に上中越地域の工務店、建設業、製材業に従事される方々でした。
またこのセミナーでは、参加者から多くの質問や意見(大型パネル、最高位の断熱性能、中規模木造、持続可能性、県内産地域材の活用などについて)が出されていました。


カテゴリ:木造建築科

メカトロ1年 シーケンス制御実習を始めました

2021.09.14
こんにちは!

メカトロニクス科1年生は9月に入り様々な実習を始めています。

その中の1つ、シーケンス制御の実習を始めたのでご紹介です。
シーケンス制御とは、例えば洗濯機はスタートボタンを押せば、自動で洗剤が投入され、水が溜まり、洗い、すすぎ、脱水…と順番通りに、動きますよね!?
その順番通りに動く制御をするのがシーケンス制御です。

もちろんいきなりそんなに難しい制御はできないので、そもそもシーケンス制御とはなんだ?から始まります。
テキストとこんな実習教材を使って約半年間、実習していきます。





まずは先生の説明を聞き、先生の周りに集まってLEDランプを付けたりしていました。
分かるようになると、クイズで使う早押しボタンやバスの『次停まります』ボタンを作れるようになりますよ。

また報告しますね!
カテゴリ:メカトロニクス科

木造建築 建て方実習

2021.09.11
木造建築科では、実習で建てる建物の柱や梁などの構造材の加工がすべて終わり、いよいよ建て方に入りました。
測量用のレベルを使って、土台の水平を確認し、その後柱、梁、小屋組を組んでいきます。




訓練生は、率先して足場に上がり、建て方を行いました。
幸いにも、手戻りもなく、安全に無事作業を進めることができ、皆ホッとしながら、とても嬉しそうでした。


カテゴリ:木造建築科

在職者訓練コース(Jw_CAD中級) 実施

2021.09.11
9月11日(土)、在職者訓練 Jw_CAD中級コースを実施しました。今回を含め2日間のコースです。
当コースは、7月に実施した初級コースの続編であり、前回受講された方が比較的多く参加されました。


次回(2日目)は、9月25日(土)です。次回も実践的なCADの使い方について習得していきましょう。


カテゴリ:在職者訓練
ページトップへ